ヒトリダチ

2015年 3月3日(火) くもり

BAGEL&BAGEL&BAGEL

実は明日、結婚式を行います。

平日にもかかわらず、多くの方が来てくれる予定です。
親族のみの神前結婚式を、友人・先輩・元上司などが周りから見守ってくれるような静かな挙式。

披露宴もないので、皆さんは式の2時間ほどの為にわざわざ時間をつくってくれています。

そんな皆さんに少しでも感謝の気持ちを伝えようと、つくったベーグル。約70個。
国産ゆずのドライフルーツにしょうがを合わせた生地で、ほろ苦すっぱさがまだ寒い3月にはちょうど良いかと思いました。

でも、本当はもう一種類。
フレッシュいちごとドライいちごをふんだんに使ったいちごのベーグルを予定していたのですが、レシピがなかなか決まらず、もう70個つくる時間と体力がなくなってしまい、断念。

これがあれば、季節の果物を取り入れたおめでたい「紅白ベーグル」が出来る予定でした。
これは改めて、お店を始めた際に実現させたいレシピとしてつくり込んでいきたいと思います。

a0199145_64579.jpg

[PR]
# by nipponhike | 2015-03-07 06:13 | ■日記

2015年 1月26日(月) くもり

旭川にきています②

建物というより廃屋。修復というより解体。ぼくのパンやはここからはじまります。

a0199145_19482976.jpg
みてくださいこの姿。壁の一部は剥がれ落ち、窓ガラスも何枚も割れた状態です。少し前まで心霊スポットとして話題に上がっていたクオリティーは伊達じゃありません。これを見て夢が膨らむような人がいったい何人いるでしょうか?
それでもぼくにはきらきら輝いて見えるのです。

a0199145_19473910.jpg
中はこれでもだいぶ整理出来てきたんです。余計な壁を壊し、傷んだ天井も剥がす。
そんな作業をしていく中で、建物の基本的な構造やつくり方がわかってきました。建物って思っていたよりずいぶんシンプルです。
枠をつくって板を貼る、枠をつくって板を貼る。その繰り返しで建物は出来ているみたいです。

普段つかわない筋肉が悲鳴をあげていますが、少しずつ見えてくるお店の全体像を励みにがんばっています。
[PR]
# by nipponhike | 2015-01-26 19:22 | ■日記

2015年 1月24日(土) 晴れ

旭川にきています①

23日から27日にかけて、旭川にきています。今回は、冬の旭川の寒さや周りの雰囲気の確認(お客さん来るかな~?とか)と、お店の建物の改装作業をやります。

ところが、極寒を覚悟で来たものの、良いか悪いか例年に比べてだいぶ暖かいようで、雪も半分くらいだそうです。内心ほっとしました。

夜の気温も−8℃くらいで、長野に居た時(−13℃)より暖かく、むしろ横浜で夜中にバイトしている時のほうが過酷です。。
少し自分が強くなった気がしました。

裏山の突哨山はすっかり雪に覆われて、落葉した木々とのコントラストも綺麗です。
それを見越してスノーシューを持って来たので、作業の合間に工藤さんと散歩にいってきました。

a0199145_19224896.jpg
この日は天気も良く、白樺をはじめとした広葉樹と真っ白な雪がきらきら光って本当に綺麗です。ハイキングコースも関係なしに歩き回ります。

a0199145_19215818.jpg
開けた場所にきました。誰の足跡もない綺麗な新雪の上を歩きます。贅沢すぎる。

a0199145_19215924.jpg
散歩は30分も無かったと思いますが、存分に楽しみました。夏に歩いた時とは全く異なる表情になった突哨山に感激です。
[PR]
# by nipponhike | 2015-01-26 18:41 | ■日記

2015年 1月8日(木) 晴れ

2015年になりました

あけましておめでとうございます。
最近はいろいろ目白押しで、なかなか更新が出来ずにいましたが、ちょっとひと区切りできました。

今年は4月から旭川に移り、いろいろ準備を進めてまいります。

実際に現地で始めてみなければわからないことも多く、決して全てが順調ではないけれど、その時の状況に応じて柔軟に積極的に楽しんでいけたらいいなと思っています。

現在、お店のロゴやホームページも作成中です。また進展あれば報告したいと思います。

それでは、本年もよろしくお願い致します。

a0199145_10284893.jpg
前の会社のセンパイと丹沢に行ってきました。写真は鍋割山の山頂から。
この山は、富士山を眺めながら登ることができるので好きです。

遠回りの、ぐるっと一周9時間コースはクタクタになりましたが、普段行けない分たっぷり楽しみました。ほんとは1泊でも2泊でもしたいけど、今年はもう行けないかも。。
[PR]
# by nipponhike | 2015-01-08 09:52 | ■日記

2014年 10月24日(金) 晴れ

薪窯見学 パン・ド・ナル

千葉県茂原市にあるパンや「パン・ド・ナル」さんにお邪魔して、手づくりの薪窯を見せていただきました。

お店のある茂原市は、横浜からみると反対側の海寄りになるので少し遠いイメージでしたが、高速道路で移動してアクアラインを利用すると、した道を入れても1時間半で到着できました。

田園風景の静かなところで、少し起伏した一画にお店があります。

a0199145_556471.jpg
パン・ド・ナルさんには前々から行きたいと思っていて、急に時間が出来たので前日に電話してみると、快く承諾してくださりました。
僕がお邪魔した時にはご主人は居ませんでしたが、前日に電話対応してくれた奥さんが販売に立っていて、どうぞどうぞと製造室に入らせてくれました。

a0199145_5564322.jpg
もともとはガレージだった建物を改装してつくったお店に、3カ月かけてつくりあげた石窯の総重量は15tほどと、かなりの重さになります。それだけにコンクリートの基礎も鉄筋を使い、しっかりとつくってあるようでした。
窯の鉄製の扉や、入り口の看板などは愛知県の鉄の工芸家の方に作製を依頼したそうです。機能的ながら、こだわりのつくりこみが素敵なものでした。

a0199145_556447.jpg
扉の中も見せていただきました。1m四方くらいの空間が耐火レンガでつくられています。上面はアーチになっていて、カマボコ型です。奥の壁に煙突への排気口がつくられてました。

a0199145_5564537.jpg
扉の上方に取っ手がついています。これは奥の煙突にある蓋とつながっていて、取っ手部分を押したり引いたりすることで、空気や熱を流したり止めたりすることができるようです。
火を焚いている時は蓋を開けることで、燃焼効率を上げながら排気を促し、パンを焼く時は熱が逃げないように蓋を閉じるなど、排煙と保温の調節が可能になっています。

さらに上には小さめの煙突がありますが、これは扉から漏れてしまう煙を部屋の外へ逃がす為のものです。これによって、部屋の壁や天井がススだらけになってしまうのを防ぐことができます。

a0199145_5564794.jpg
窯の下部分にある扉は、焚き火の際の吸気口として、更に灰や炭を落とすスペースとして機能するようです。
吸気の扉は、開ける大きさを3段階にでき、空気の量(速度)を調節できるようになっていました。
上の扉を開けると、床面に蓋があります。それを外すと口があり、下のスペースに灰を落とすことができ、そして吸気の入り口にもなっているということです。

a0199145_5564814.jpg
メインの煙突は、お店の手前に出てきます。その煙突を囲うようにレンガが積まれていて、下には植物を植えられるスペースもつくられています。お店の正面にレンガづくりのものがあることで、雰囲気がとても良いです。

a0199145_5565047.jpg
お店の前には、薪が積まれていました。これらは近所の方々から戴いているそうで、取りに行くのが追いつかないくらいだとおっしゃっていました。
その地域でもらった木でパンを焼いて、お礼をパンでお返しする。そんなご近所付き合いもいいですね。

前日に電話はしたものの、急な訪問にも関わらず、親切に対応してくださった奥さんに感謝いたします。ご主人がいる時に行けば、もっと詳しく説明していただけるということなので、また機会を伺ってお邪魔したいと考えています。

本格的な石窯を自分でつくりたいと思った時、まず専門的な本がなかなか見つからないことに気が付きます。そんなこともあって、実際にお店で使っているものを見せていただけることはとても勉強になりました。特に吸気と排煙、保温に関して、設計の段階でとても良く考えられていることがわかり、つくり手の創意工夫に感動しました。
30分ほどお邪魔してしまいましたが、とても楽しく、そして今後の励みになりました。また一歩か半歩か、前進できたと思います。ありがとうございました。
[PR]
# by nipponhike | 2014-10-28 12:36 | ■見学

2014年 10月4日(土) 晴れ

中野で1日カフェ。「小麦粉まつり」

10月4日。中野にあるレンタルカフェスペースで、大学の友達と1日カフェをやってきました。
a0199145_20472874.jpg
a0199145_20472943.jpg
これが今回、友達がつくってくれた楽しいDMです。やっぱり美大生ってすごい。

a0199145_20472142.jpg
オープンは夕方4時からでしたが、いろいろと準備をするために、10時過ぎからお店に入ります。
看板やメニューづくり、テーブルの配置や掃除、お酒や食材の整頓、料理の仕込みなどなど、事前にやることはたくさんあります。が、それぞれがやることをテキパキと進めていくうちに、全て準備が整ってしまいました。さすが◎

a0199145_20472461.jpg
今回のテーマは「小麦粉まつり」。それにちなんで、サラダにもパスタを!お米のかたちをしたパスタを僕ははじめて見ました。

a0199145_20472623.jpg
二人の傑作ラザニア!ひとりが生パスタをつくり、もうひとりがラザニアに仕上げる。とにかく、僕が今まで食べたラザニアの中でいちばん美味しかったです。
他にも幾つかのご馳走が用意されていましたが、バタバタしていたこともあって写真を撮り損ねてしまいました。

a0199145_20473133.jpg
5時くらいからお客さんが見えはじめて、6時過ぎには賑やかになっていました。お店の雰囲気もとても良かったです。久々に会う友達も多く、中には卒業ぶりの人もいました。
あ、パンも皆さんにご好評いただきまして、ありがとうございました。今回は、用意してきたパンを蒸すことで、もっちりした食感で食べてもらいました。おみやげで持ち帰ったパンは、ぜひ焼きなおして食べてみてください。

a0199145_20473313.jpg
お客さんで来た友達が10月中に結婚するということで、前々からある人物がつくっていたお祝いムービーをサプライズで流し、その場の全員で見ました。
みんなから愛されるその友達が、いろいろやらかしてきた小さな伝説の数々を、おもしろ可笑しく編集していて、それはそれは良い思い出と、笑いの詰まった傑作ムービーでした。

そして、メッセージ入りのウェディングクッキーも用意されていて、友達もとても喜んでいました。が、それにはなんと、僕の分も用意されていました。
実は僕も7月に入籍だけはしていたので、わざわざ友達が用意してくれたのです。お仕事も忙しい中、本当にありがとうございました。おかげさまで、みんなに報告もできたので良かったです。
まだまだ宙ぶらりんな自分が籍を入れるというのは、とても不安定でリスクの高いことだと思いますが、その分気持ちを引き締めて、今後もがんばっていこうと思います。

夕方には、以前からブログを見てくれていた方が、わざわざお店に立ち寄ってくれました。短い時間でしたが、そのなかでもいろいろとお話ができて良かったです。
とても励みになります。ありがとうございました。お互いがんばりましょう。

今回、このイベントに参加できたことで、多くの人に会えたことが楽しかったし、良い練習と勉強になりました。皆さんありがとうございました。
[PR]
# by nipponhike | 2014-10-11 20:19 | ■日記

2014年 9月28日(月) 晴れ

カフェ・ド・ランブルとランブルポット

一日カフェが今週末に迫って来ました。
気候が不安定だった先週は、パンの発酵具合も少し難しかったのですが、今週は天気の良いスタートで、なんだか良いものが焼ける気がしてます。

パンもせっせと準備中ですが、せっかくの「カフェ」なので、コーヒーも出せたらなと思い、何より今後のための練習としてよい機会だったので、最近はコーヒーについていろいろ学んでいました。

特にハンドドリップでの、豆の焙煎に対してのお湯の温度とか、注ぎ方とか、注ぐ時間とか、ネルがいいとかペーパーがいいとか。今更ながら、コーヒーについて知りはじめたところです。

いろいろ調べているうちに、昔から銀座にある「カフェ・ド・ランブル」というお店が出て来ました。
どこかで聞いたことあるなと思ったら、僕の持っているカフェ特集のような本に載っていたのと、前から気になっていた「ランブルポット」というドリップポットが、このお店由来のものだったことがわかり、これは行ってみなければ!となりました。
いや、お店もポットのことも、もっと以前から知ってはいたのです。ただ今回のこのタイミングで、はっきりと自分の中で繋がったことによって、行動するまでのものになったということでした。そういうことってありませんか?

ランブルはとても有名で、コーヒー好きにとっては聖地のようなところだと感じました。そんなお店が考案したランブルポットは、いろいろなカフェでも使われているみたいです。
このポットは、インターネットでもすぐに手に入るものですが、せっかくならお店にコーヒーを飲みにいって、その場で買いたいと思ったので、慣れない都会に行ってみました。

a0199145_155661.jpg
大通りから一本奥に入った路地にお店はありました。新橋駅から歩いて、10分も掛からないくらいのところです。

コーヒーの聖地に入るのは、軟派な僕にとって少しだけ勇気が居るものでしたが、入ってみるとそんなことは全然なくて、店員さんも優しくて良い雰囲気のお店だったので、ほっとしました。

それで、肝心のネルドリップコーヒーですが、、すいません。まだ僕には良く分かりませんでした。
味は濃いめで、酸味が強く、普段苦味のコーヒーが好きな僕には慣れていないものでした。
でも、濃いめのものなのに、あと味がとてもすっきりしてたのが印象に残っています。もしかしてそこ?そこだったのか!?

何事も、すぐにわかってしまってはつまらないので、今後の楽しみとしてまた行きたいと思います。

a0199145_15562896.jpg
ポットも買うことができました。お店のひとも使い方やコツを親切に教えてくれて、やっぱりここで買って良かったです。お店で買うと付いてるシールも、なんか嬉しい。

ちなみに僕は「こだわり」のペーパードリップです。ランブルさんすいません。こだわりについては、そのうち書くと思います。

今月はひたすらドリップしてます。気がつけば、ここ2週間で50杯くらいは淹れてました。おかげでトイレが近いです。

今日からまた新ポットで特訓です。
[PR]
# by nipponhike | 2014-09-29 09:56 | ■日記

2014年 9月7日(日) 晴れ

1日カフェ。再び

7月はじめの、旭川での1日カフェから早くも2カ月以上経ちましたが、次はまた別のイベントとして、10月に東京にて行うことになりました。そして今日は事前打ち合わせと、場所の下見です。

今回のイベント。正確にいうと、大学の友達ふたりが主催するカフェに参加させてもらうかたちです。大学の友達や先生方など、身近な人たちをお招きし、みんなで楽しく飲んだり食べたりしましょうという、身内パーティです。

数年前にも、このふたりが企画してとても好評でした。そしてこの前会った時に、またそろそろやりますか!という話になり、気がつけば僕もパン屋を目指している状態なので、じゃあ一緒にと誘ってくれました。

僕としては、旭川に行く前のみんなへの報告というか、挨拶をする機会ができてとても良かったです。
日に日にパンの精度もあがり、最近は感覚で対応できる部分も増えて来ました。7月の時よりも、より良い状態のものを提供できると思うので、今から楽しみです。

大学の頃、僕はなかなかの劣等生だったので、これでやっと先生方に顔向けできるかなと。
まったく違う分野だからこそ、今まで自分が学んできたこと、全てをぶつけて挑んでみます。という姿勢を少しでも伝えられればと思っています。

ちょっと文章に熱が入ってしまいましたが、やっぱり何かイベントや目標ができると、がんばろうってなります。試合があるから練習する部活の時と似てますね。
みんなが動くから自分も動く、自分が動くから周りも動く。そういうことの大切さを改めて感じています。

a0199145_638913.jpg
場所は、新中野駅から歩いて7~8分の「magari」という、カウンターキッチン付きの貸しスペースです。
開催日は10月4日の土曜日。夕方~23時まで。

a0199145_6382869.jpg
下見の結果。ここでいいよねってことで、契約書(?)にサインをしているところです。全部任せっきりですいません。

a0199145_6382937.jpg
当日にむけて、またせっせとパンを焼きたいと思います。
[PR]
# by nipponhike | 2014-09-14 05:17 | ■日記

2014年 8月28日(木) 晴れ

旭川いってきました

8月28日から9月2日にかけて、いってきました旭川。今回は建物の天井剥がしや、ウラヤマの手入れなど、お店の準備を少しやっています。

a0199145_175553.jpg
天井の石膏ボードを落とし、グラスウール(断熱材)を取り払って、木枠を外せば天井剥がしは完了ですが、その上には電気のコードやら配管やらが幾つも通っているので、今後はこれらも整理していかなくてはなりません。

a0199145_1751464.jpg
頑丈な鉄骨がベースになっているこの建物は、木造のような暖かさはないものの、整然とした雰囲気が倉庫みたいで気に入ってます。これはこれで、壁に塗る予定の漆喰や家具の色と質感で、お互いが映えると思っているので楽しみです。
いまはまだゴチャゴチャのボロボロで、「えっ。ここにお店が?」という状態なのですが、想像力と行動力で盛り上げていきたいと思います。

a0199145_175843.jpg
今回、薪づくりと山の手入れをする為、ウラヤマの木を4本ほど、工藤さんにに教えてもらいながら伐倒しました。

それぞれ直径40~50センチ、高さ25メートルくらいの立派な松の木をチェーンソーで伐ります。
あらかじめ、ワイヤーで伐倒方向にテンションをかけながら、幹の倒す方向に「受け口」、反対から「追い口」というように切り込みをします。そうすると、大きな松の木がゆっくりと、何ともいえない音をたてて倒れていきました。

a0199145_1751044.jpg
去年の間伐ボランティアの時に、手ノコで小径の杉やヒノキを伐ったことはありましたが、こんな大きな木をチェーンソーで倒すのははじめてのことで、少し感動しました。
今年のボランティアは参加出来ていませんが、おかげでうまく伐倒できました、がんばって通ってて良かった。

a0199145_175117.jpg
作業の合間にひと休み。ベイクドチーズケーキに初挑戦してみました。今後はオリジナルレシピをつくっていきたいです。

a0199145_1751288.jpg
お店予定地は国道沿いですが、こんな風景もあります。一面に収穫間近の稲が輝いていました。この農道は、お店に続いている道のひとつで、気に入ってます。
[PR]
# by nipponhike | 2014-09-05 09:46 | ■日記

2014年 8月22日(金) 晴れ

ベーグルはじめました

メインの生地がやっと完成してきたので、それを元にしたパンを展開していきます。まずはベーグルです。

ベーグルは生地を発酵させてから、「茹でる」という工程が加わることで、もっちりした生地になるのが特徴です。

焼く前に茹でることで、生地の表面に膜ができます。弾力のある膜ができることによって、焼いた際に生地の水分が閉じ込められます。そして膜によって、膨らもうとする生地を程よく押さえながら焼きあがるので、生地は張りの強いものになり、その影響でもっちりとした食感になる。と、僕は思っています。

同じ生地でも、茹でることでパンとして違いが出ることがわかり、今回の生地がベーグルに合っていることも確認できたので、種類の幅を広げていくうえでとても参考になりました。

a0199145_21292136.jpg
今回はブルーベリーのベーグルです。多少酸味のある生地では、ベリー系の甘酸っぱい味が良く合うようです。
[PR]
# by nipponhike | 2014-08-22 23:43 | ■日記