ヒトリダチ

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2014年 9月28日(月) 晴れ

カフェ・ド・ランブルとランブルポット

一日カフェが今週末に迫って来ました。
気候が不安定だった先週は、パンの発酵具合も少し難しかったのですが、今週は天気の良いスタートで、なんだか良いものが焼ける気がしてます。

パンもせっせと準備中ですが、せっかくの「カフェ」なので、コーヒーも出せたらなと思い、何より今後のための練習としてよい機会だったので、最近はコーヒーについていろいろ学んでいました。

特にハンドドリップでの、豆の焙煎に対してのお湯の温度とか、注ぎ方とか、注ぐ時間とか、ネルがいいとかペーパーがいいとか。今更ながら、コーヒーについて知りはじめたところです。

いろいろ調べているうちに、昔から銀座にある「カフェ・ド・ランブル」というお店が出て来ました。
どこかで聞いたことあるなと思ったら、僕の持っているカフェ特集のような本に載っていたのと、前から気になっていた「ランブルポット」というドリップポットが、このお店由来のものだったことがわかり、これは行ってみなければ!となりました。
いや、お店もポットのことも、もっと以前から知ってはいたのです。ただ今回のこのタイミングで、はっきりと自分の中で繋がったことによって、行動するまでのものになったということでした。そういうことってありませんか?

ランブルはとても有名で、コーヒー好きにとっては聖地のようなところだと感じました。そんなお店が考案したランブルポットは、いろいろなカフェでも使われているみたいです。
このポットは、インターネットでもすぐに手に入るものですが、せっかくならお店にコーヒーを飲みにいって、その場で買いたいと思ったので、慣れない都会に行ってみました。

a0199145_155661.jpg
大通りから一本奥に入った路地にお店はありました。新橋駅から歩いて、10分も掛からないくらいのところです。

コーヒーの聖地に入るのは、軟派な僕にとって少しだけ勇気が居るものでしたが、入ってみるとそんなことは全然なくて、店員さんも優しくて良い雰囲気のお店だったので、ほっとしました。

それで、肝心のネルドリップコーヒーですが、、すいません。まだ僕には良く分かりませんでした。
味は濃いめで、酸味が強く、普段苦味のコーヒーが好きな僕には慣れていないものでした。
でも、濃いめのものなのに、あと味がとてもすっきりしてたのが印象に残っています。もしかしてそこ?そこだったのか!?

何事も、すぐにわかってしまってはつまらないので、今後の楽しみとしてまた行きたいと思います。

a0199145_15562896.jpg
ポットも買うことができました。お店のひとも使い方やコツを親切に教えてくれて、やっぱりここで買って良かったです。お店で買うと付いてるシールも、なんか嬉しい。

ちなみに僕は「こだわり」のペーパードリップです。ランブルさんすいません。こだわりについては、そのうち書くと思います。

今月はひたすらドリップしてます。気がつけば、ここ2週間で50杯くらいは淹れてました。おかげでトイレが近いです。

今日からまた新ポットで特訓です。
[PR]
by nipponhike | 2014-09-29 09:56 | ■日記

2014年 9月7日(日) 晴れ

1日カフェ。再び

7月はじめの、旭川での1日カフェから早くも2カ月以上経ちましたが、次はまた別のイベントとして、10月に東京にて行うことになりました。そして今日は事前打ち合わせと、場所の下見です。

今回のイベント。正確にいうと、大学の友達ふたりが主催するカフェに参加させてもらうかたちです。大学の友達や先生方など、身近な人たちをお招きし、みんなで楽しく飲んだり食べたりしましょうという、身内パーティです。

数年前にも、このふたりが企画してとても好評でした。そしてこの前会った時に、またそろそろやりますか!という話になり、気がつけば僕もパン屋を目指している状態なので、じゃあ一緒にと誘ってくれました。

僕としては、旭川に行く前のみんなへの報告というか、挨拶をする機会ができてとても良かったです。
日に日にパンの精度もあがり、最近は感覚で対応できる部分も増えて来ました。7月の時よりも、より良い状態のものを提供できると思うので、今から楽しみです。

大学の頃、僕はなかなかの劣等生だったので、これでやっと先生方に顔向けできるかなと。
まったく違う分野だからこそ、今まで自分が学んできたこと、全てをぶつけて挑んでみます。という姿勢を少しでも伝えられればと思っています。

ちょっと文章に熱が入ってしまいましたが、やっぱり何かイベントや目標ができると、がんばろうってなります。試合があるから練習する部活の時と似てますね。
みんなが動くから自分も動く、自分が動くから周りも動く。そういうことの大切さを改めて感じています。

a0199145_638913.jpg
場所は、新中野駅から歩いて7~8分の「magari」という、カウンターキッチン付きの貸しスペースです。
開催日は10月4日の土曜日。夕方~23時まで。

a0199145_6382869.jpg
下見の結果。ここでいいよねってことで、契約書(?)にサインをしているところです。全部任せっきりですいません。

a0199145_6382937.jpg
当日にむけて、またせっせとパンを焼きたいと思います。
[PR]
by nipponhike | 2014-09-14 05:17 | ■日記

2014年 8月28日(木) 晴れ

旭川いってきました

8月28日から9月2日にかけて、いってきました旭川。今回は建物の天井剥がしや、ウラヤマの手入れなど、お店の準備を少しやっています。

a0199145_175553.jpg
天井の石膏ボードを落とし、グラスウール(断熱材)を取り払って、木枠を外せば天井剥がしは完了ですが、その上には電気のコードやら配管やらが幾つも通っているので、今後はこれらも整理していかなくてはなりません。

a0199145_1751464.jpg
頑丈な鉄骨がベースになっているこの建物は、木造のような暖かさはないものの、整然とした雰囲気が倉庫みたいで気に入ってます。これはこれで、壁に塗る予定の漆喰や家具の色と質感で、お互いが映えると思っているので楽しみです。
いまはまだゴチャゴチャのボロボロで、「えっ。ここにお店が?」という状態なのですが、想像力と行動力で盛り上げていきたいと思います。

a0199145_175843.jpg
今回、薪づくりと山の手入れをする為、ウラヤマの木を4本ほど、工藤さんにに教えてもらいながら伐倒しました。

それぞれ直径40~50センチ、高さ25メートルくらいの立派な松の木をチェーンソーで伐ります。
あらかじめ、ワイヤーで伐倒方向にテンションをかけながら、幹の倒す方向に「受け口」、反対から「追い口」というように切り込みをします。そうすると、大きな松の木がゆっくりと、何ともいえない音をたてて倒れていきました。

a0199145_1751044.jpg
去年の間伐ボランティアの時に、手ノコで小径の杉やヒノキを伐ったことはありましたが、こんな大きな木をチェーンソーで倒すのははじめてのことで、少し感動しました。
今年のボランティアは参加出来ていませんが、おかげでうまく伐倒できました、がんばって通ってて良かった。

a0199145_175117.jpg
作業の合間にひと休み。ベイクドチーズケーキに初挑戦してみました。今後はオリジナルレシピをつくっていきたいです。

a0199145_1751288.jpg
お店予定地は国道沿いですが、こんな風景もあります。一面に収穫間近の稲が輝いていました。この農道は、お店に続いている道のひとつで、気に入ってます。
[PR]
by nipponhike | 2014-09-05 09:46 | ■日記