ヒトリダチ

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2014年 4月25日(金) 晴れ

あと1年。

今年が始まって、あっという間に5カ月が過ぎてしまった。。という感覚です。

パンをつくり始めて1年が経ちました。そして1年後には旭川に移住し、本格的に準備に取り掛かる予定になっています。

そんな中間地点に差し掛かった今、自分の実力や資金の積み立て具合、お店の改装計画などを改めて把握して、今後の行動を考える時期かなと思いました。

パンや焼き菓子を売り物として出せる点数が90点~だとしたら、味・作業工程・生地の見極め・酵母の管理・バリエーション・質の安定感など、全体的に見て75点くらい。
良くもないし悪くもないという微妙な感じですが、ここままいけば、、、という手応えもあるので、このままいきます。

カフェについても、そろそろ具体的に考えていかなければと思います。
まず、厨房ではガスコンロを設置せずに「かまど」で火を起こして調理するという、たぶんあまり無いスタイルでやっていきます。薪窯とかまどをフル活用して、北海道で採れる旬の食材を使った美味しいものを楽しく提供出来るように模索していきたいです。
カフェで欠かせないコーヒー。その豆は、お店からすぐのところにおいしいコーヒーのお店がありました。ラッキー。

お店の外装、内装、石窯や家具、棚などのほとんどを自作でやるつもりです。全体のイメージは出来ているので、あとは資金と期間を考えながらどう進めるかを具体的に考えていく必要があります。
やたら高い学費(美術大学)を4年間も親に出して貰った成果、いまここで発揮出来るのか。出来ないのか。。

肝心の貯金は正直、バイトやってる割には貯まってないなという感じです。今年に入ってからほぼ毎日働いているので、月30くらいなんですが、お店で使う道具や小物なんかも揃えたり、抑えるべき無駄遣いもあったりで、思ったより数字が増えていかず。なんか悔しい。
お金は無くなるのは早いけど、貯めるのは大変なんだなぁとか今更思ってたりしています(笑)。それでも着実にがんばって、最低300は絶対につくる!と決めています。

残りの1年もあっという間でしょう。程よい緊張感を持ちながら、楽しくやっていきたいです。

a0199145_245023.jpg

[PR]
by nipponhike | 2014-04-25 13:19 | ■日記

2014年 3月29日(土) 晴れ

久々の旅行。益子に行ってきました

益子焼きで有名な、栃木県益子町に行ってきました。

旭川を除くと、半年ぶりくらいの遠出です。最近は気持ちが落ち着かず、なんとなく焦ってるような状態だったので、良い気分転換になりました。

益子といえば焼き物のイメージだけでした。でもそれ以外に骨董品・古道具のお店が幾つもあったり、昔からの藍染め屋さんもあったり、いい感じのパン屋やカフェがあったりと、良い発見が多かったです。

a0199145_572140.jpg
茅葺き屋根の大きな建屋の藍染め屋さん。売り場のすぐ隣が作業場になっていて、藍の発酵?のにおいが漂う趣あるところでした。ここで買ったハンカチは、薄手なので使い勝手が良いです。

a0199145_572316.jpg
山の麓に2つの小さな小屋があり、ひとつがパン屋でひとつがカフェになっている可愛らしいお店がありました。
上の写真がパン屋「pain de musha musha」。バゲット、あんぱん、ライ麦入りパン、ショートブレッド、野菜のキッシュなど、どれも丁寧につくられていて美味しかったです。

a0199145_572539.jpg
こちらがカフェの「AND COFFEES」。セルフビルドが良い雰囲気の店内では、musha mushaでつくられたバゲットを使ったプレートや、厚めのビスケットで生クリームとイチゴを挟んだデザート、チーズケーキなどがメニューにあり、ロースターで自家焙煎された美味しいコーヒーが飲めます。窓からは裏の畑が見えて、静かでゆったりした時間を過ごせました。
奥さんがパン屋で旦那さんがカフェ。そんな共存の仕方がとてもいいなと思いました。

a0199145_57272.jpg
古民家に素泊まりして、その敷地内で陶芸の体験もできるという宿に泊まりました。僕は3時間、ひたすら飯茶碗をロクロでつくり、気に入った2つを焼いてもらうことに。これでひとり8千円ちょっとは安いなと思います。
茶碗が届くのが楽しみです。
[PR]
by nipponhike | 2014-04-02 08:07 | ■日記