ヒトリダチ

<   2011年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2011年 7月1日(金) くもり ときどき 雨 ②

福岡県みやま市山川町清水1305:我楽堂

天然の柿渋や漆で仕上げられた、深い味わいを持つ家具をつくっている「我楽堂」に行ってきました。情報ありがとうございました。

a0199145_8255221.jpg
竹林の多い森の中にギャラリーがあります。敷地も広いせいか、ゆっくりとした時間が流れていました。

a0199145_826089.jpg
ギャラリー内には漆塗りの家具が程よくディスプレイされています。今まで漆仕上げの家具はちゃんと見たことがなかったのですが、漆ならではの「深い色味・味わい」を感じることができました。

a0199145_826974.jpg
小物の製品もありました。ひとつひとつ、丁寧につくられていることが良く分かります。漆製品を楽しむにはまず、この様な手に取って良く見れるものから初めても良いかもしれません。

a0199145_8263130.jpg
水に強い漆仕上げのため、このような使い方も出来るようです。
[PR]
by nipponhike | 2011-07-02 08:24 | ■見学

2011年 7月1日(金) くもり ときどき 雨 ①

大分県日田市南友田町:日田杉資料館

湯布院にあるカフェ「野・菜・家」で、偶然「日田杉(ひたすぎ)」の存在を知り、資料館があるということで見学しました。

a0199145_756738.jpg
日田の林業は約250年前から始まり、日田杉を扱っていたそうです。当時は全て人力で、伐った木を山から川へ運び、そこからイカダなどで村や港へ運ぶという、とても危険で大変な作業だったようです。

a0199145_7561743.jpg
資料館には、450~500年の杉が伐った状態で展示されていて、山にある時とはまた違う迫力がありました。

a0199145_7563733.jpg
当時使われていた道具や日田林業の歴史などが説明されている展示室。戦後の復興の際には、昭和天皇も視察にこられたそうです。

a0199145_7565095.jpg
木造住宅の模型。現在、木造は地震などに弱いイメージがありますが、適した木材で適した施工を行えば、2世代・3世代と引き継げる家が出来るそうです。
[PR]
by nipponhike | 2011-07-02 07:55 | ■見学