ヒトリダチ

<   2011年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

2011年 6月10日(金) 雨

今日で1ヶ月が経ちました

5月10日に出発して30日が経ちましたが、毎日いろんなことを体験しているからか、今日までの時間がとても長く感じられます。それだけ1日が濃いのかもしれません。

野宿もすっかり慣れました。とにかく屋根のようなものを見つけられれば快適です。公園・歩道橋の下・道の駅。そういえば出発した初日は雨で、まだ出来たばかりの車椅子用トイレの中で寝ました。。水道、トイレ、電源付きのワンルーム。

この旅は、いろんな人に助けられながら毎日前進できています。
ありがとうございます。

今日は阿蘇から少し南下して、宮崎に入りました。朝から雨で、雲に包まれた阿蘇山は30m先が見えませんでしたが、なぜか楽しく走ることが出来ました。

写真は、阿蘇山の南に降りて行く時に見つけた牧場。牛に草をあげたら食べてくれた。

a0199145_224553.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-06-10 23:13 | ■日記

2011年 6月9日(木) 晴れ ②

九州にこんな景色があるとは思ってなかった

今日は九州の内陸を南北に通る道、「やまなみハイウェイ」を南下しながら阿蘇へ向かいました。

四国の林道で助けてくれた人から、やまなみハイウェイを進められていたので言われるまま行ってみたのですが、そこでは今まで見たことないような素晴らしい風景に出会ってしまいました。

広大な自然の中に一本の道路がある光景は、北海道にしか無いと思ってましたが、自分の中で受け止めきれないような景色が延々と続く道が九州にありました。登山以外でこの感じを味わえるとは思わなかった。。

信じられない景色に驚きながらゆっくり走っていると、「生で食べられるトウモロコシ」の看板があったので、寄ってみました。朝採れたものを戴きましたが、さっぱりした甘みとシャキッとした食感がおいしかったです。

この出店のようなところは近くの農家の人がやっていました。そこで驚いたのが、その人はもともとホンダのテストライダーで、エイプの開発もやっていたそうです。こんな大自然の中でエイプのテストライダーに会うとは。。その人は親の農家を継いで、毎日畑や牛と過ごす日々を楽しんでいられました。

最終的に着いた道の駅では、東京の町田市からカブで日本一周してる人に会いました。バイクで一周してる人に会うのは初めてで、しかも横浜に近い人だったので、お互いびっくりしながら嬉しくて握手しちゃいました。

今日は驚きの連続の一日でした。

a0199145_14252712.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-06-10 14:24 | ■日記

2011年 6月9日(木) 晴れ ①

由布院のおいしいコーヒー屋さん:Cafe 野・菜・家 (の・な・か)

大分から別府・由布院と立ち寄って、ツーリングマップルにお勧めと書かれていたカフェに行きました。

有機栽培で育てた豆で煎れた本格的な自家焙煎コーヒーが200円ちょっとで飲めて、杉の木が程よく使われている店内は静かで落ち着きました。

このお店に使われている木について伺ってみると、九州産の「日田杉(ひたすぎ)」という杉が使われていることが分かりました。日田とは大分県の西側、福岡寄りにある地域です。

まずは予定どおり南下しますが、日田には山口県に北上するときに寄ってみたいと思います。日田杉は知らなかったので、思わぬ収穫でした。

a0199145_13285991.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-06-10 13:27 | ■日記

2011年 6月8日(水) 雨 のち くもり

予定変更。九州の大分へ

昨日の予報では曇りのち晴れだったのが、今日の朝には雨になってました。そして外では雨の音が。。

あと3日くらいかけて四万十川や四国カルストを巡りながら九州に向かう予定でしたが、しばらく晴天にはならないようなので、また四国へ来たときの楽しみとして取っておいて、もう九州へ行くことにしました。

朝6:30から雨の中、土佐から6時間ほど走ってフェリー乗り場の佐田岬に到着。200㎞ほど走ったと思います。なかなか疲れた。。

16時前には大分に着いて、温泉入ってほっとしました。そういえば、旅に出てから温泉の疲労回復の効果に驚いてます。ほんとに疲れが取れる。

a0199145_2271066.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-06-08 22:06 | ■日記

2011年 6月7日(火) 雨

今日は買い出しと少しの移動

一日中ずっと雨だったけど、高知市内でいろいろ準備をするだけだったので良かったです。

実は昨日の千本山からの帰り道、バイクで転びました。。レインパンツに穴が空いたのと、ズボンが擦れたくらいで済んだので、助かりました。バイクも問題無かったです◎

路面の砂に気付かずにカーブに進入してしまったみたいで、普段なら避けてるんですけど、この時は注意不足でした。

ということで、ホームセンターでガムテープを買ったり新しいズボンを買ったりと、買い出しと補修をする一日でした。

明日は、いい天気を願って四万十川へ。

a0199145_346472.jpg
昨日の朝の光景。
手前が自転車日本一周をしてる人で、奥がお遍路をしている人のテント。
[PR]
by nipponhike | 2011-06-07 20:42 | ■日記

2011年 6月6日(月) 晴れ ②

魚梁瀬杉の保護林

馬路村から更に奥に進んでいくと、千本山という山があります。そこには魚梁瀬杉の保護林があるということで、ハイキングがてら行ってきました。

a0199145_1513863.jpg
前半は木道がありました。クマ鈴を鳴らしながら、蜘蛛の巣に引っかかりながら、1時間ほどの登りです。

a0199145_15131440.jpg
樹齢300年を超える杉の森林が、人の手が加えられていない状態で残っている貴重な場所です。下にはちゃんと低い木が生えていました。これが本来の自然の状態なんでしょうね。この森林では保護する場所と、木を育てて使う場所を分けて管理されているようです。

a0199145_15131939.jpg
頂上までは行かずに、保護林が見れるポイントまで登ったら、おにぎりなどを食べてゆっくりしてから帰りました。
[PR]
by nipponhike | 2011-06-07 15:17 | ■見学

2011年 6月6日(月) 晴れ ①

高知県安芸郡馬路村:馬路村(うまじむら)に行ってきました

村の96%が山林で、人口1200人。山と川と柚子しかないけれど、いまその山と柚子で成功している村、馬路村に来ました。

a0199145_12502478.jpg
村の入口にある案内板。各所にある案内や説明は、この愛嬌ある雰囲気で統一されています。

a0199145_12502748.jpg
これは「森林鉄道」といって、村の山にある魚梁瀬杉(やなせすぎ)を海のほうまで運んでいた鉄道(ディーゼル車)の跡です。はじめは犬そりだったとか。昔はそれだけ林業が盛んで、村の収入源になっていたんですね。

a0199145_12502921.jpg
木製のガードレール。進行方向に対して、ちゃんと端がカットされているのがわかります。

a0199145_12503072.jpg
村で採れた柚子を加工してさまざまな製品にしている工場。見学が出来たので、見てまわりました。最後には柚子のジュースもくれました。

a0199145_12503155.jpg
これが馬路村の名物「ごっくん」。「村」のイメージを上手く取り入れた商品と、飾りすぎずに観光地としてまとめた村づくりは、この村の良いところを活かした結果だなと思いました。たぶん優秀で情熱のある人が先導しているのではないでしょうか。
[PR]
by nipponhike | 2011-06-07 12:06 | ■見学

2011年 6月5日(日) 雨 ②

高知の日曜市

広島の道の駅で、高知に行くんなら日曜市が面白いということをおじさんが教えてくれたので、行ってきました。

高知城のすぐ隣で、道路を封鎖して行われる日曜市は、毎週日曜日に一般の人がそれぞれ出店するそうです。縁日のような雰囲気で、野菜や魚、漬け物や乾物、包丁や焼き物(お皿とか)などの普段の生活に使うものが多かったです。雨なのに結構賑わってました。

そして徳島で会った人に日曜市の話をしたら、ワラで焼いたカツオのたたきが食べられる場所があることを教えてくれたので、そこでカツオのたたきを買いました。何だか伝言ゲームみたい。

いまちょうどカツオが旬だそうで、厚切りの香ばしいたたきを美味しく戴きました。高知では、ワラで焼いたカツオのたたきを塩で食べるのが美味いとされていて、確かにタレよりも塩のほうがおいしかったです。

a0199145_20573159.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-06-05 20:26 | ■日記

2011年 6月5日(日) 雨 ①

高知県高知市南御座16-23:森の情報館 エコアス馬路村

高知県の東の山の中に、「馬路村(うまじむら)」という村があります。その村は柚子の栽培と林業に力を入れていて、充実した柚子の製品や、木材の圧縮技術・合板の成形技術を活かした製品をつくっている元気な村です。

そんな村の製品の魅力や、森林に対する考え方を全国に発信していくための会社が「エコアス馬路村」です。今日は高知市にあるエコアスの情報館にいってきました。

a0199145_18524397.jpg
杉の木を薄くスライスして、ウチワやお皿にした製品。これらの収益の1%は環境保全の資金として寄付されるそうです。

a0199145_18524794.jpg


a0199145_18525284.jpg
「村」のイメージを上手く取り入れたイラストのパッケージ。商品から馬路村のあたたかい雰囲気が伝わってくる。

a0199145_18525476.jpg
高い成形技術と、高知出身デザイナーのアイディアから産まれた商品「monacca(モナッカ)」。森林の手入れをしながら、それをちゃんとお金にすることで森林保全と経済の循環が成立する。馬路村はそれを実践しています。

a0199145_18525740.jpg
馬路村の杉は「魚梁瀬杉(やなせすぎ)」という高級な銘木で、この建物もその杉材で建てられています。中にはちょっとしたカフェがあって、木造・漆喰の壁が落ち着きます。
[PR]
by nipponhike | 2011-06-05 18:51 | ■見学

2011年 6月4日(土) くもり

剣山スーパー林道

四国には日本で一番長い林道(未舗装路)があります。全長87.7km!今日はその道を走ってきました。

いきなり問題が発生。20kmほど進むと一部の区間が通行止めになっていました。迂回するには戻って、1時間半ほど走らないといけません。それで無理やりゲートの脇を通ろうとしたら小さな崖にバイクがズリ落ちてしまった。。崖の角度は45度くらい。押しても引っ張っても動かない。。。これはやってしまったと思いました。

そんな時に、オフロードバイク(KLX250)に乗った人がやってきました。その人に手伝ってもらうことで無事に平地までバイクを運ぶことが出来ました。一人ではまず無理で、通行止めの道に来る人も少ないので本当に助かりました。そしてもう変なことはしないと深く反省しました。。

結局、迂回して途中から林道に入りました。剣山の少し南を50kmほど走ります。エイプはオフロードバイクではないですが、かなり楽しく走ることが出来ました。霧が多かったので景色はあまり見れませんでしたが、充実した時間でした。

助けてくれた人とも途中の休憩で何度か再会して、次に向かう九州のお勧めルートなどを教えてくれました。その人は大阪から来たようで、また大阪の人に助けられてしまいました。

ずっと助けられてばかりの旅です。

a0199145_21123832.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-06-04 20:23 | ■日記