ヒトリダチ

<   2011年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

2011年 6月20日(月) 晴れ のち 雨

昨日の夕方、沖縄に上陸しました

昨日は与論港を14時30分に出発して、沖縄の本部港(もとぶこう)に17時頃に到着しました。

今日は朝から北上して、沖縄の自然が多く残されている「やんばる」という地域に向かいました。「山原」と書いてやんばると読みます。

早朝出発だったので、お昼くらいには本部港の方まで一周して戻ってきて、そのまま那覇方面へ下って現在は米軍の嘉手納基地の近くに来ています。

今日は雲が多く、17時くらいに急に雨に降られて大変でした。レインウエアが暑い。。写真は辺戸岬から見たやんばるの山。

a0199145_1815535.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-06-20 18:01 | ■日記

2011年 6月18日(土) 晴れ

今日は朝から島を散策

まずは漁協での競りを見ました。普段見ないような青い魚がいたので、南国に来た実感が更に出てきました。

地図も持たずに島を走りまわって、海を見たりカキ氷を食べたりと、気分は夏休みでした。

そういえば、ここは映画「メガネ」のロケ地であるという事を思い出して、撮影に使われた海岸なども行ってみました。与論島は、「島」と言われてイメージするものがそのまま存在するような場所だと思います。

そして与論島には「与論語」というものがあり、島の人同士(特におじさんおばさん)ではだいたい与論語で話して、僕には日本の標準語で話していました。その与論語を聞いていると、韓国語を思わせる発音やイントネーションなのに驚きました。会社にいた韓国人の同期を思い出します。

a0199145_1785849.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-06-19 16:50 | ■日記

2011年 6月17日(金) 晴れ

ヨロン島に到着しました

朝5時50分発のフェリーに乗って、14時くらいに与論港に着きました。与論島にはいろんなところに「ヨロン島」と書いてあります。

今日はひとまず島をぐるっと周って、キャンプ場で寝ます。旅に出てからキャンプ場を利用するのは初めてです。

写真は海岸に隣接している与論港。

a0199145_1640541.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-06-17 16:22 | ■日記

2011年 6月16日(木) くもり ②

あまみ大島森林組合 宇検製材所

明日のフェリーに乗るために港に向かっていたら、その途中に森林組合があったのでお邪魔しました。

奄美に来てから気になっていた、杉や桧が見当らなかったことや、奄美の森林事業などについて伺うことが出来ました。

a0199145_9422614.jpg
ここでは紙の原料になる木をチップにする作業が主体で、需要があれば木製の杭などもつくることがあるそうです。

a0199145_9424275.jpg
ここで扱っている木は椎木(しいのき)です。昔は杉や桧の人工林が少しあったみたいですが、需要が無くなった時期から椎木などに変わっていったようです。

a0199145_9425590.jpg
奄美の温暖な気候は木の成長も早くするので、山の一画を伐ってしまっても自然に木が生えてくるそうです。苗木を植える事もなく、間伐や枝打ちの作業も必要無いので、奄美でのチップをつくる事業は無理がなく合理的だと感じました。
写真の真ん中の区画が、2年ほど前に全部伐った場所だそうです。もう緑に覆われています。

a0199145_9431760.jpg
均等な長さにされた木をチップにするために運んでいくところ。

a0199145_9433538.jpg
3センチ四方くらいの薄いチップの山が沢山ありました。
[PR]
by nipponhike | 2011-06-17 09:41 | ■見学

2011年 6月16日(木) くもり ①

加計呂麻島(かけろまじま)に行ってきました

奄美大島のすぐ南にある加計呂麻島は、フェリーで25分で行けます。今日は雲が多いため、昨日のような景観は望めませんでした。

この島には、寅さんの最終ロケ地や夕陽スポット、透明度の高い海水浴場などがありますが、やはり戦争の跡地などもありました。

ここで驚いたのが、小型のボートに爆弾を乗せてそのまま戦艦に突進する「特攻船」というものが存在したことです。特攻は飛行機だけかと思ってましたが、舟もありました。。

他にも当時使われていた弾薬庫や監視施設なども残っていて、展示場に居るよりも「戦争」を近くに感じました。

今日は信じられないような青い海は見れなかったので、明日の与論島を楽しみにしたいと思います。

a0199145_9413755.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-06-17 09:10 | ■日記

2011年 6月15日(水) 晴れ

奄美はもう夏でした

気温32℃。止まっていると汗が滲んでくる場所まで来てしまいました。奄美にはもう夏が来ているようです。

昨日の18時に出発したフェリーは、今朝の5時頃に奄美に到着。時間もあるのでゆっくり島を周ってみました。やっぱり海がとても綺麗で、作り物かと思ってしまうほどでした。大昔はどこの海もこれだけ綺麗だったのかと思うと少し悲しくもなりました。

奄美大島には7万人もの人が生活しているようです。それもあってか、港付近はお店が充実していて島のイメージは無かったです。でもクルマで少し走れば綺麗な海があるので、どちらも欲しい人にはいい環境だなと思いました。

明日は加計呂麻島(かけろまじま)に行きます。

a0199145_21282667.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-06-15 21:24 | ■日記

2011 6月14日(火) くもり ②

今から奄美大島へ向かいます

梅雨真っ只中の九州から、奄美大島へ向かいます。そこから与論島・沖縄と南下していく予定です。船は18時に出発して、奄美に着くのは明日の朝5時頃。

今日の午前中は晴れたので、湿っていた荷物が乾いて嬉しいです。

a0199145_1803648.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-06-14 17:58 | ■日記

2011年 6月14日(火) くもり ①

鹿児島県南九州市知覧町郡17881番地:知覧特攻平和会館

海軍の神風特攻隊は東の半島にある鹿屋(かのや)の航空基地から飛び立ちましたが、陸軍の特攻隊は西の半島にある知覧(ちらん)航空基地から飛び立ちました。今日は知覧にある「知覧特攻平和会館」に行ってきました。

日本の軍隊には空軍というものがなく、海軍と陸軍にそれぞれ航空部隊があったということを初めて知りました。

そして、太平洋戦争では沖縄にいる米軍の戦艦に突撃する為に、鹿屋基地と知覧基地から2000人以上の若い兵士が飛び立っていったということです。最年少は17歳だそうです。

今まで戦争について殆ど知識が無かったのですが、今回鹿屋と知覧に来てみて、特攻についてと太平洋戦争についての全体像を知ることが出来ました。

普段から世の中の出来事や歴史などに疎い僕が、知識や興味を得るには直接現地へ行くことが一番いい方法みたいです。

a0199145_17441612.jpg
知覧に訪れた兵士が、特攻隊として飛び立つ数日前から過ごす場所だそうです。杉林の中に半地下に建てて、屋根の上には杉の幼木をかぶせていたそうです。
[PR]
by nipponhike | 2011-06-14 17:05 | ■日記

2011年 6月13日(月) くもり ときどき 雨

鹿児島県鹿屋市西原3丁目:鹿屋航空基地資料館

太平洋戦争で有名な「神風特攻隊」の資料が集まっている「鹿屋航空基地資料館」に行ってきました。

ここは、大阪でお世話になったおじいさんに是非行くようにと勧められていました。僕自身、日本で起きてしまった戦争と、それこそ命をかけて飛び立っていった特攻隊の方々について知ることが出来るいい機会だったので、見学しました。

資料館には海軍のことや戦時中の状況、戦争を生き残った人の記憶を記されたものや写真など、特攻隊以外にもたくさんありました。

「神風特別攻撃隊」の神風は、「じんぷう」とも読むようです。資料によると特攻のような作戦案は何回も却下されたけれど、戦局の悪化に伴い兵士個人が自ら敵艦に突入することが増えてきて、その後に軍の正式な作戦として実行されたという経緯があったようです。

特攻隊の方々の遺書もありました。これを読んでいくと特攻隊の人たちは、ただただ自分の家族や国を思って飛び立っていった心の優しい人たちだと感じました。

戦争や特攻隊のような事実があったことを自分なりに受け止めて、考えていくことが大切なことだと思いました。

a0199145_2229516.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-06-13 22:34 | ■日記

2011年 6月11日(土) 雨

今日も雨でした

昨日・今日と雨が続き、特に今日は強かったので大変でした。ビショビショで、中まで染みてくる。。

昨日は「天照大御神」の神話の地である、「天岩戸神社(あまのいわと)」に行きました。神話に出てくる場所が実際に目の前にあるのが不思議で、長居してしまいました。ここに流れている川も静かで綺麗でした。

今日は大雨に降られながら、霧島という山の麓まで来ました。途中「中部グリーンロード」という田園地帯の中を抜ける道を通ったのですが、遠くまで広がる田園風景が良かったです。

いまの雨はこの田園の為にあるんだなと思いながら走ると少し楽になった気がします。ここにはまた秋に来てみたいです。

写真は、さっき撮ったハートのアジサイ。

a0199145_21243973.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-06-11 20:37 | ■日記