ヒトリダチ

カテゴリ:■お店 改装作業( 5 )

2015年 6月11日(木) くもり

ブログは一旦休止。ホームページに統一してみます

ホームページが出来た際、このブログのリンクを貼りました。今まで自分がやってきたことや、これからのことを伝えていけるかなと思い継続してきましたが、「ちょっと待てよ」と思うようになってきました。

ホームページには「おしらせ」欄があり、そこでパンのことやイベントなど、お店の情報を更新していくようになっていきます。
そうした時、ブログで書く内容とおしらせに書く内容を、明確に分けるのが難しいことに気がつきました。
更新ごとに、それぞれに同じ内容を載せていくのはとても大変な作業(単純にコピーとペーストだけではできない。。)になってしまうし、ホームページからアクセスした場合、ブログにたどり着くにはメニューから入るという一手間がかかります。

お店の改装作業も、山の整備も、お店のイベントも、新作パンの発表も、ぼくの活動のすべてであり、そのすべてがウラヤマベーカリーなので、皆さんにそれを見てほしいという気持ちから、今後は「おしらせ」一本でやっていこうと考えました。

こういうのは、やってみないとわからない部分がおおいので、またすぐ変更などあるかもしれません(笑)
まあいろいろやってるんだなと眺めていてください。

「会社を辞めたし、一人でなんとかやっていくぞ!という意気込みだから、じゃあブログのタイトルは“ヒトリダチ”かな?」

そんなことで始まったヒトリダチでしたが、いっこうに独り立ちできそうな感じがしません。
むしろたくさんのひとに支えられ、感謝することの多かった4年間。そして今後もそうなんだろうなと思いながら、ヒトリダチという言葉の意味を改めて考えさせられる今日この頃。

それなりのペースで更新してきた記録を、きっぱり辞めるのは抵抗があります。辞めるタイミングも難しい。。
はじめからずっと見てくれていたひと、旅の途中で出会ったのをきっかけに見てくれたひと、ひょんなことからこのブログに辿り着いてコメントをくれたひと。
今までこのブログを見守ってくれた方々に心から感謝いたします。ありがとうございます。

今後の動向は、ウラヤマベーカリーのホームページをご覧になってください。
自分のペースで少しづつ、でも積極的に。健康第一、安全第一でやっていこうと思います。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


パンづくりは森づくり ウラヤマベーカリー
中田竜明

[PR]
by nipponhike | 2015-06-11 08:36 | ■お店 改装作業

2015年 6月2日(火) 晴れ

天井の結露防止対策

建物内の片付けや掃除が一通り終わったので、最近は壊す作業からつくる作業に転換しました。
そこで、まず内装でやるべきこと。天井の結露防止処理です。

鉄板むき出しで使用するため、冬に暖房を使った時などの温度差で結露が発生してしまうと困るので、天井に結露防止剤を吹き付ける作業を進めていきます。
a0199145_21502519.jpg
まずは掃除から。やっぱりまた掃除。。
脚立に登って雑巾を天井に向けた途端、なんて途方もない作業なんだと心が折れそうになりましたが、何も考えずにやってみると意外に進みます。
それでも面積は160平米。加えて凸凹があるため、モップでさーっとはいきません。とりあえず表面のホコリが取れれば良いので、黙々とやっていきます。

ある程度の面積を拭いたところで、試しに結露防止剤を吹き付けていきます。
「あれ、錆止めはしなくていいの?」と思った方いるかもしれませんが、これでやってみて大丈夫そうなら進めてしまうことにしました。
a0199145_11443490.jpg
これが結露防止の塗料です。普通のペンキなどよりもドロドロというか、ソフトクリームくらいの固さがあります。水性なので水で希釈して、専用のスプレーガンで吹けるくらいの粘度にしてから使います。
a0199145_13163101.jpg
これが専用の「リシンガン」。
自動車やバイクの塗装のような繊細なものではなく、もっと粒子の粗い建築関係の塗料用です。
コンプレッサーを使って、このリシンガンで天井に吹き付けていきます。
a0199145_13451866.jpg
どんどん吹いていきます。塗料の粘度さえ合っていれば、結構いいペースで仕事が進みます。
おお、やっとつくる作業ができている。ちょっと感動しながら作業を続行。
a0199145_11471012.jpg
今日は16平米ほど吹き付けて終わり。
ほんの一部だけど、お店っぽくなってきた。。。誰にもわからなくても、ぼくにはそう見えています。

が、、

次の日、異常が無いか確認してみると、
ありました。異常。
a0199145_11473458.jpg
まあ大丈夫でしょう、手間が増えるし。と思っていた錆止めをしなかったので、しっかりとサビが浮いて見えてきました。

もともと赤い錆止めが塗られていたのもあって、ここまでサビがあるとは思いませんでした。
もうここは腹をくくって、錆止め作業もしなければいけないですね。

今日は一歩進んで、半歩下がったくらい。まだ良いほうです。

[PR]
by nipponhike | 2015-06-05 14:08 | ■お店 改装作業

2015年 5月31日(日) 晴れ

外壁の計測

外壁の見積もりをざっくりと出すため、ざっくりと長さを計りました。
a0199145_11463208.jpg
高所作業の道具として、安全帯というものがあります。
しっかりしたナイロン製の腰ベルトに、フック付きの紐が取り付けられていて、万が一落ちても宙づりになって助かるというものです。いわゆる命綱です。

まだ危険な箇所ではないのですが、一応それを使いながら屋根の端を移動し、計測していきます。
a0199145_11441321.jpg
屋根の上から、重りをつけたメジャーの先を地面へ下ろしていきます。
2階建の高さは約10メートル。写真は下の玄関の屋根までなのですが、地面までは結構な迫力でした。安全帯は気持ちの面からも付けておいたほうが良さそうです。
a0199145_11484088.jpg
ぼくはこの屋根からの景色が好きです。冬には一面真っ白な景色が見渡せます。

計測は問題なく終わりました。そして、高さ・横幅・窓枠を計り、壁の総面積から窓枠面積を引いて、実際に材料を使う平米を出しました。
ざっくり面積が出たところで、外壁を扱う業者に問い合わせました。
問い合わせた外壁は「ガルバリウム鋼板」という、いわゆるトタンよりも耐久性があるものです。

が、、

「板金や建築業者への販売が主で、基本的に一般の方には販売しておりません。設置の技術なども含め、お近くの業者に問い合わせてみてはどうでしょうか。」と、

こんな返答が帰ってきてしまいました。。。
そうですよね。確かによく分からない個人の素人が、建築資材を売ってというのはレアケースだったのかもしれませんね。
ちょっと困りましたが、このくらいではへこたれません。次の作戦を考えます。

ということで、また内装の続きに取り掛かります。


[PR]
by nipponhike | 2015-05-31 11:51 | ■お店 改装作業

2015年 5月26日(月) 晴れ

やりたいことを精一杯やるためには、やりたくないことも同じくらい頑張らないといけない

僕はどちらかといえば気が短いほうで、やりたいことや思いついたことはすぐにかたちにならないと我慢ならない性格です。それはそれで行動力につながる良い部分でもありますが。
簡単にいうと飽きっぽい。そんな僕が、パンやをやりたいと思い始めてからすでに4年も費やしていて、その間いろいろなことがあって、パンやと関係ないことにも多くの時間を使って、未だに準備中という状況なのですが、それでも自分なりに辛抱強く事に励んでいるのはなぜかなとか、ふと思ってしまう事があります。

それはもちろん、27歳で会社をやめてもう後がない、自分でなんとかするしかないという状況がそうさせていることもあるし、当初の目的である森林と関わりながら楽しく仕事して、楽しく生活していきたいという気持ちがブレずにいることもあります。応援してくれる人、注目してくれる人、心配してくれる人、そんな人たちの支えが僕を強く後押ししてくれていることも大きいです。

旭川に越してきて日々準備を進めていますが、改装する建物の規模の大きさに改めて圧倒されつつ、保健所や消防・建築関係の話を聞きに行って、それらの条件に沿ったお店づくりを考え、設備・資材等の見積もりとそれに必要な計測、確定申告や帳簿についての勉強、ホームページづくり、書類の整理、などなど。。。パンをつくる余裕はなく、気が付いたら朝になってたなんてこともよくあります。
作業中、手袋はしていても手には切り傷が幾つも出来て、皮膚も荒れてガサガサで保湿が追いつかず、良く洗っても汚れが完全には落ちない土木やさんっぽい手になってしまった。力仕事は得意ではないし仕事も遅いから進みが悪くてイライラして、夜中にひとりで「くそ!」「ああもう!!」「このベニヤ重いんだよバカヤロウ!」とか、ものに当たったり悪態つきながらでないとやっていけないこともよくあります。たぶん人が見たら怖いレベルです。

それでも何とかやっている、この自分が。それはたぶん、ある時気がついたから。
やりたいことがあるということは、やりたくないこともそれと同等かそれ以上にこなしていかなければならないと、何処かで腹を括ったのだと思います。
考えてみれば当然のことで、それは小学生も会社員も社長も自営業もみんな同じ。ただ今回のことが僕にとっては度合いが大きかったというだけのこと。
こんなこと改めて考えることもいい機会だと思ったので、日記として残しておきたいと思います。

あと、数日前。整理していた作業場がとりあえず完成しました。再利用できる資材置き場や道具置き場、電動工具をつかう場所やゴミの仕分け場所など。立てかけたり吊るしたり、パッと見てどこに何がどのくらいあるのかが把握できるように、限られたスペースで何とか使いやすい環境に出来て大変自己満足してます。この自己満足も頑張れる要素になっているようです。
a0199145_21475474.jpg

[PR]
by nipponhike | 2015-05-26 23:17 | ■お店 改装作業

2015年 5月17日(日) くもり

やっとブログ更新

旭川に来てからというもの、お店の改修作業、それに伴う段取り決め、内装・外装それぞれの材料費などの見積もり、必要なものの買い出し、ホームページ作成、ロゴ修正、iphoneの修理→結局壊れてた→機種変更、引っ越し荷物を開けて部屋づくり、また買い出し、、
すっかりブログから離れていました。というか、まったく頭に無かったです。。

やっとひと段落して、思い出したかのように更新してます。

そして、お店の内装の解体作業が思いのほか時間がかかってしまったのが一番やっかいでした。昨日でなんとか目処がつき、次の段階へ進むことができそうです。
ただ壊すだけなら3日もあればすむのですが、ものを壊せばそれを処理しなくてはなりません。燃えるもの、燃えないもの、金属、プラスチック、ガラス、、再利用できそうな柱材や板材、鋼材、断熱材、は仕分けして、必要であれば棚をつくり、それを置く場所もつくり、つくるなら使いやすいようにとあれこれ考え、作業スペースと改装スペースを仕切り、同時に間取りも考えて〜。。。

そんなことをやっていたらもう1ヶ月が経とうとしています。時間をかけただけあって、良い環境にはなりました。
焦ってはないのですが、予想していた時間の3倍もかかってしまったことが、なんだかとても悔しいです。
1日が本当に短くて短くて、毎日筋トレと脳トレをやっているうちに夜が更けていくような状態でした。体力にも限りがあって、毎日同じくらい動けるわけではなく、ちゃんと休みながらやっていかないとダメだなこりゃと、ペース配分も考えるようになりました。
a0199145_19473910.jpg
1月29日の写真。
a0199145_23283091.jpg
5月17日の写真。
アングルが違いますが、この片付き具合どうでしょう?ぼくはここを眺めながらお酒が一杯飲める心境です。
天井を巡っていた配線、錆びた銅管や水道管など含め、ほとんど余計なものを取り払った状態です。奥に見えるのが厨房。反対に振り向くと、材料を整理した棚や作業場がつくられています。
作業が進んで、改めて建物の大きさに圧倒されています。
内装はとりあえず1階だけですが、何もないまっさらな状態になるとだいぶ広い。しばらくの間はひとりでお店のすべてをやっていくので大変そうですが、こんな環境を与えられた喜びを感じながら、せっせとお店をつくっていきます。天井を白く塗って、壁をつくって漆喰を塗って、窯をつくって設備を入れて、、完成したら泣いてしまうかも。




[PR]
by nipponhike | 2015-05-17 23:50 | ■お店 改装作業