ヒトリダチ

カテゴリ:■日記( 224 )

2014年 3月12日(水) 晴れ

渾身の? ガトーショコラ

焼き菓子でもハードルが高めと思っていたガトーショコラ。何度かつくってみたら、思いのほか美味しくできました。

牛乳、バター、クリームなどを使わずに、材料の半分は豆腐。それでも濃厚でずっしりな食感の、全粒粉入りガトーショコラづくり。ひとまず成功です。

連続でつくり過ぎたので、身体がガトーショコラになってしまうかと思いましたが、、まあ良かったです。

ただ、雰囲気を盛り上げるために乗っけた銀の粒のデコレーション。これはらしくなかったというか、センスが無かったというか、、やっぱり素朴な感じのほうがしっくりくるようです。

a0199145_13173447.jpg

[PR]
by nipponhike | 2014-03-12 13:03 | ■日記

2014年 3月10日(月) 晴れ

もう少しで完成? コーンブレッド

パンの合間に、発酵の必要がない短時間で出来るものもつくってます。

今回はコーンブレッド。材料はシンプルながら、ホロホロしっとりな食感の素朴な美味しさを目指します。
だんだんレシピが決まって来たので、もう一息で完成しそうな気がしてます。

狭く浅いけど、つくれるものが増えるのは嬉しい。

a0199145_6213549.jpg

[PR]
by nipponhike | 2014-03-11 05:58 | ■日記

2014年 2月25日(火) 晴れ

アップルパイ

今日は、はじめてのアップルパイに挑戦してみました。

アップルパイで有名な平野顕子さんのレシピを見ながら、いちばんオーソドックスなものをつくります。

アメリカのソウルフードとも言えるアップルパイ。日本人も大好きなアップルパイ。
アップルパイは、カフェメニューに絶対無くてはならないと考えていたので、レシピづくりの準備を開始しました。

平野さんのアメリカ仕込みのアップルパイは非常にシンプル。
生地はバターを折り込んで層にする必要は無く、ショートニングやバターをザクザク切り混ぜるだけ。中の具(フィリング)も、りんごと砂糖、シナモンなどのスパイス3種、レモンが少々。これだけ。

主役のりんごが引き立つ、素朴ながらに豊かな美味しさのアップルパイだと思います。僕もそんなアップルパイがつくりたかったのです。

3時間もあればできる工程のはずですが、全てを終えるのに5時間近く掛かってしまいました。どうしても、ひとつひとつを確認しながらの作業になるので、のろのろになってしまいますが、大事なことなので焦らずやります。何でも「はじめて」は、心と時間に余裕がある時にやりたいものです。

結果。なんとか形にはなり、味もアップルパイでした。次回の課題も見えたので、とりあえずは良しとします。
今回は珍しく、レシピどおりにつくりました。次からは、少しずつ自分の考えを取り入れていこうと思います。

今のままでは、僕の感覚だとバター、ショートニング、砂糖の量がとても多いので、それらを減らしつつ粉の一部を全粒粉に置き換えるなどして様子をみていきます。今のところ、僕のパンや焼き菓子は全粒粉が大事な要素になってきそうです。

パンもアップルパイもクッキーも、先人の知恵は本当にありがたいなと最近よく思います。

a0199145_18394722.jpg
表面に、溶き卵を塗らずに焼いたので焼き色が薄いですが、ちゃんと火は通りました。ぼちぼちやっていきます。
[PR]
by nipponhike | 2014-02-25 18:01 | ■日記

2014年 2月23日(日) 晴れ

最近話題の食べ物

朝。バイトから帰ると、兄がオシャレな紙袋に包まれたものをくれました。何かと思えばそれはポップコーン!

仕事先のお客さんにもらったようで、自分は食べないからあげるというのです。兄ちゃんありがとう。

パンケーキに続いて、いま東京で流行ってるポップコーン。紙袋は水色とピンクが使われたポップな色合いで、その中には2種類の味のポップコーンが入っていました。

内容は、焦がしキャラメル味と濃厚チーズ味といったところでしょうか。軽い食感のコーンのまわりを、それぞれの味がまんべんなくコーティングされています。

味は濃厚で、「リッチ」という表現が合っていると思います。甘~いキャラメルとしょっぱいチーズが以外に相性が良くて、食べ飽きないような組み合わせでした。

ポップな包装にリッチな味付け。とてもアメリカンな雰囲気を楽しめました。
が、最近体重が増えた僕には、このような高カロリーな食べ物には注意が必要です。。

a0199145_4373762.jpg
袋の口には、はりがね入りのリボンが貼り付けられ、食べている途中でも封がしやすいようになっていて、包装の参考になりました。
それに加えて見え窓がついていたり、オリジナルのカラーリングが施されていたりと、紙袋だけでなかなかコストがかかってそうです。東京のお店はすごい。
[PR]
by nipponhike | 2014-02-25 04:36 | ■日記

2014年 2月18日(火) 晴れ

旭川便 欠航

先週の15日(土)から19日(水)まで、旭川に行く予定だったのですが、出発当日の大雪の影響で飛行機が欠航になってしまいました。

バイトから一回家に戻って(運良く電車が動いてた)、そこから羽田に向かいました。運休や遅延の電車が多かったけれど、なんとか空港に到着。
向かう途中で欠航になった事は分かっていましたが、こういう時の振り替え便についての事をよく知らないので、空港で直接聞く事にしました。

次の日に振り替え便があったのですが、それも既に人が一杯。
タイミングが悪かったですが、こればっかりはしょうがない。今回は諦めて、改めて予定を立てることにしました。

町や村の孤立、車の立ち往生、列車事故など。関東に大きな影響を与えている大雪の被害は、もうしばらく続きそうですね。

よし、バイトいこう。

a0199145_81786.jpg
去年の12月に行った旭川の風景。建物の屋根から撮ってます。今年は雪が少なく、気温もそこまで下がっていないようです。それでも旭川の真冬生活を体験しておきたかった。
次に行けるのは3月か4月か。。
[PR]
by nipponhike | 2014-02-18 07:48 | ■日記

2014年 2月15日(土) 雪

デニーズの小さくて大きな努力

今日(昨日)のバイトは東京の北千住駅での夜勤でしたが、僕にとっては面白い発見がありました。

なんとか電車が動いてくれていたお陰で、遅刻せずに北千住に到着。今日は駅構内での仕事で、3時過ぎに無事終了。

始発(動くのか?)が来るまで時間があったので、駅前のデニーズに入りました。
夜中に雪から雨に変わって、止む気配のない屋外の厳しい状況では、24時間営業がとてもとてもありがたかった。

そして、薬膳ラーメンみたいなものを注文したら、なんと割り箸が国産杉のものでした。しかも間伐材の使用を推進している「木づかいニッポン」のマーク入り。
「国産杉+木づかいマーク」だと、けっこうコストが掛かってると思います(杉製品に木づかいマーク入れるのにも契約料みたいなものが必要なんです)。

消費税も上がるこのご時世。99.9%の人はスルーしてしまうであろう割り箸に、750円のラーメンに、わざわざ国産割り箸を使っているデニーズはすごい頑張ってるんじゃないかと思いました。

殆どの人の目には留まらない。でも僕は気付いたよ、デニーズ!

a0199145_419404.jpg

[PR]
by nipponhike | 2014-02-15 03:47 | ■日記

2014年 2月14日(金) 雪

2回目の大雪

先週に続いての大雪ですね。
こんなに横浜に降ったのは20年くらい前。雪だるまやカマクラがつくれる程の量が積もるのは小学生ぶりです。

一般の大人達は大変そうですが、僕は久々の雪でわくわくしてます。
先週はバイトが休みになったので、夜の雪道をサクサク散歩しました。

最近、全然遊びらしい遊びをしてなかった僕にとって、1時間ちょっとの雪道ハイキングは、涙が出るくらい楽しいものでした。山にいきたいなぁ。

今日は雪でもバイトあるので、サクサクがんばります。

a0199145_21581318.jpg

[PR]
by nipponhike | 2014-02-14 21:39 | ■日記

2014年 2月12日(水) 晴れ

ひたすらにカンパーニュ

最近はもくもくとカンパーニュを焼いてますが、生地の具合も良くなってきたので、イングリッシュマフィンにしてみたりオレンジピールを混ぜ込んでみたりと、楽しんでます。

が、加減が分からずに出来はまだ微妙です。それでも種類が増えるのは嬉しいもので、良い気分転換になります。
ただ、その分の材料費がかさんでくるので毎日はできない。。

ちなみにカンパーニュとは、小麦 塩 水 酵母 だけでつくったとても素朴でもっちりしたパンのことです。僕のは全粒粉も多めに入ってます。

a0199145_026322.jpg
写真は、抹茶生地に大納言小豆の甘納豆を混ぜ込んだカンパーニュです。
今回は分量が分からずにパンとしては失敗。でも、成功したら美味しいはず。
[PR]
by nipponhike | 2014-02-12 22:50 | ■日記

2014年 1月31日(金) 晴れ

“やらない努力”はたいへんだ

最近、未経験から2年でパン屋を始めた人のブログを見ていたら、確かにそうだなと共感できることが書かれていました。

目的を達成する為には2つの努力が必要で、それは「やる努力」と「やらない努力」であると。

やる努力は当然。開店までに必要なことはたくさんあって、それをどんどん進めていかないとスタート地点まで辿り着けません。
それに加えて、パン屋開店に繋がらないことは極力抑えないと、目標がジリジリと遠くに離れてしまいます。特に資金面で。

そこで、やらない努力というのが重要になってくると思います。具体的には、趣味的なことや嗜好的な買い物、友達との飲み会などを我慢することです。

やる努力が走るスピードとすれば、やらない努力は走っている道の長さになるでしょうか。

ブログの人は、パン屋での仕事を2件掛け持ちで朝から晩までやって、休みは月に1日程度。家に帰ればネットオークションで製造機材を安く探したり店舗の物件探し。友達との付き合いも一切せず、全ての行動がパン屋開店に向けて繋がるようにしていたそうです。それを2年間も。

やる努力で消耗しているところを、更に自分に鞭打てるようなモチベーションの違いに敬服しました。

本来はそれくらいの覚悟で挑むべきことです。その意志の強さは開店後に起こるであろうピンチを乗り越える力にもなるでしょう。相乗効果も得られ、開店への道のりが加速することでしょう。ものごとを一気に進める勢いというのも、大事な要素だと思います。

それでも僕は、両方大切にしたいと思っています。というか「やらない」が出来ていない。。
会うべき人には会っているし、友達の結婚式や二次会にも参加しています。(これがダメージ大きいんですが。。)

欲しいものも、買います。お金を使うからにはあまり妥協もしません。だからよく考えて選んでから買います。
その分、切り詰めるところはかなり切り詰めてます。二次会や飲み会に行ったあとにバイトも行きます。帰ったらパンもつくってます。

お金以外に得るものが大きい。というのはこの場合、ただの甘えや逃げにしかなりません。やらない努力は、やる努力よりも難しいと感じています。

結局僕は、甘ちゃんだけどわがままなパン屋で頑張っていきます。

a0199145_6242678.jpg
話は変わりますが、お店の明かりにはランプを使おうと思ってます。でもレトロな感じにはせずに、白を基本としたシンプルで明るい雰囲気で、でもあったかい。そんなお店にしたいです。
[PR]
by nipponhike | 2014-01-31 21:15 | ■日記

2014年 1月11日(土) 晴れ

寒中お見舞い申し上げます

気がつけば正月もひと段落したようで、神社の前を通れば少し余韻が残っている、そんな感じでしょうか。

僕はというと、クリスマスあたりから今日まで、というか17日までずっとバイトを入れてます。また2月に旭川へ行く為、やれる時にやらないと資金が貯まってくれないのです。

あ、これは別に頑張ってるアピールとかではありません。今は休ませていた酵母を復活させてる最中なので、とりあえず近況の日記です。バイトしながらの除夜の鐘もなかなか良いものでした。

バイトは夜勤です。警備関係で、「列車見張員」とか「踏切警備員」とか、パンとはまるで接点の無い、電車に関わるものをやっています。

工事中の踏切を歩行者や車が安全に通れるようにしたり、線路内の工事ではダイヤや無線を頼りに、作業者へ列車の接近や通過を知らせたりなど、列車との事故防止に気を配る仕事です。

夜勤なので昼間を有効に使えるのと、休日に融通が効くので僕にとっては何かと助かるお仕事です。しばらくはこのバイトにお世話になるでしょう。

a0199145_04382.jpg
年末のバイト現場の風景。
夜中の気温が0~3℃くらいまで下がります。ちょっとした山に登っている気分、て思えば楽しくなるかも。これだけ気温の低い場所にずっと立っている状況というのはなかなか大変ですが、それなりの準備で挑んでいるのでまあまあ快適です。最近は月の輝きや日の出が綺麗に見えるのが嬉しいです。
[PR]
by nipponhike | 2014-01-11 23:20 | ■日記