ヒトリダチ

2015年 05月 26日 ( 1 )

2015年 5月26日(月) 晴れ

やりたいことを精一杯やるためには、やりたくないことも同じくらい頑張らないといけない

僕はどちらかといえば気が短いほうで、やりたいことや思いついたことはすぐにかたちにならないと我慢ならない性格です。それはそれで行動力につながる良い部分でもありますが。
簡単にいうと飽きっぽい。そんな僕が、パンやをやりたいと思い始めてからすでに4年も費やしていて、その間いろいろなことがあって、パンやと関係ないことにも多くの時間を使って、未だに準備中という状況なのですが、それでも自分なりに辛抱強く事に励んでいるのはなぜかなとか、ふと思ってしまう事があります。

それはもちろん、27歳で会社をやめてもう後がない、自分でなんとかするしかないという状況がそうさせていることもあるし、当初の目的である森林と関わりながら楽しく仕事して、楽しく生活していきたいという気持ちがブレずにいることもあります。応援してくれる人、注目してくれる人、心配してくれる人、そんな人たちの支えが僕を強く後押ししてくれていることも大きいです。

旭川に越してきて日々準備を進めていますが、改装する建物の規模の大きさに改めて圧倒されつつ、保健所や消防・建築関係の話を聞きに行って、それらの条件に沿ったお店づくりを考え、設備・資材等の見積もりとそれに必要な計測、確定申告や帳簿についての勉強、ホームページづくり、書類の整理、などなど。。。パンをつくる余裕はなく、気が付いたら朝になってたなんてこともよくあります。
作業中、手袋はしていても手には切り傷が幾つも出来て、皮膚も荒れてガサガサで保湿が追いつかず、良く洗っても汚れが完全には落ちない土木やさんっぽい手になってしまった。力仕事は得意ではないし仕事も遅いから進みが悪くてイライラして、夜中にひとりで「くそ!」「ああもう!!」「このベニヤ重いんだよバカヤロウ!」とか、ものに当たったり悪態つきながらでないとやっていけないこともよくあります。たぶん人が見たら怖いレベルです。

それでも何とかやっている、この自分が。それはたぶん、ある時気がついたから。
やりたいことがあるということは、やりたくないこともそれと同等かそれ以上にこなしていかなければならないと、何処かで腹を括ったのだと思います。
考えてみれば当然のことで、それは小学生も会社員も社長も自営業もみんな同じ。ただ今回のことが僕にとっては度合いが大きかったというだけのこと。
こんなこと改めて考えることもいい機会だと思ったので、日記として残しておきたいと思います。

あと、数日前。整理していた作業場がとりあえず完成しました。再利用できる資材置き場や道具置き場、電動工具をつかう場所やゴミの仕分け場所など。立てかけたり吊るしたり、パッと見てどこに何がどのくらいあるのかが把握できるように、限られたスペースで何とか使いやすい環境に出来て大変自己満足してます。この自己満足も頑張れる要素になっているようです。
a0199145_21475474.jpg

[PR]
by nipponhike | 2015-05-26 23:17 | ■お店 改装作業