ヒトリダチ

2013年 09月 24日 ( 1 )

2013年 9月22日(日) 晴れ

パンが少しパンらしくなってきた

最近、やっとパンがそれっぽくなってきました。でもまだまだ。

4月くらいからつくり始めて早くも半年が経とうとしていますが、酵母の発酵力や生地の水分量、それに対しての捏ね具合や生地の温度など、小麦粉がパンになるための最低限の条件が整えられるようになってきたので少しは成長できたのかなと思い、希望が見えてきた感じがします。

自己評価は50点くらい。ほんの2週間前までは0~20点くらいの繰り返しだったので、先が見えてひとまずホッとしました。
酵母のつくり方が一般的でない独自(?)のものになっているので、それも時間がかかっている原因のひとつかもしれません。一時期は焼く前の生地の状態で泣く泣く捨てるということもあり、あれが一番悲しかった。

でも不思議なことに、ひとつ壁のようなものを越えると、今までただ苦しかっただけの失敗が経験になったというか、ノウハウとして受け入れることが出来た気がしています。「あー。これはこんな原因で失敗していたんだな。」と。

もう少し、理想のパンになるまでは時間が掛かりそうです。

a0199145_23162828.jpg
手前がカンパーニュで、奥に見えるのがコーンブレッド。両方とも、お店の顔になってくるような、大事なパン。
[PR]
by nipponhike | 2013-09-24 23:16 | ■日記