ヒトリダチ

2011年 11月 21日 ( 1 )

2011年 11月20日(日) 晴れ

旅の写真:8月~9月

a0199145_5193555.jpg
函館にある「ハセガワストア」というコンビニのようなお店。ここには先輩が勧めてくれたとても美味しい「焼き鳥弁当」があります。

焼き鳥と言っても、実際には串に刺さった豚肉が海苔弁の上に乗っています。注文してから焼いてくれて、タレ、塩、弁当のサイズなどを選べるので迷ってしまいますが、美味しかった。

a0199145_5194079.jpg
「安田 侃(やすだ かん)」という彫刻家が、廃校になった学校とその周りの広場を使ってつくった彫刻公園「アルテピアッツァ美唄(びばい)」。

元学校の一階には幼稚園の教室を設けてあり、彫刻公園の中で子どもたちがのびのびと成長していくという考えにとても感動しました。公園内につくられた水と石の彫刻では、子どもたちが無邪気に遊んでいました。日常に芸術が溶け込んでいるような光景に、今後自分がやっていくべき方向性を再確認することができました。

a0199145_5194471.jpg
広大な丘に何十基もの風力発電機が立ち並んでいる「グリーンヒルウインドパーク」。

日本海側、オロロンラインを北上中に少し内陸に入ると、突然目の前に広がる風車の丘に言葉を失いました。初めての北海道は驚いてばかりでした。

a0199145_5194612.jpg
島全体が一つの山のような利尻島。利尻富士とも言われる綺麗なかたちの山を、フェリーで到着したその日に日帰りハイキングしてきました。

雲が多く、頂上からの展望は望めませんでした。下り始めると晴れてきて、次の日に向かう礼文島が雲の間から見えた時は嬉しかったです。それにしても、本当に山の天気は変わりやすい。

a0199145_5195143.jpg
礼文島には天気と日程の関係で半日程しか留まらなかったものの、島全体を周り、馬糞ウニのウニ丼を食べることが出来たので幸せでした。今度行った時はハイキングコースを歩いてみたいです。
写真は島の最北端にあるスコトン岬。

a0199145_5195192.jpg
内陸のやや北部にある下川町は、森林保全・再生のモデル地区に指定されています。

こちらで活動されているNPOを尋ねた時、今回が第1回目であるチェーンソーアート大会が開催されるというタイミングだったので、4日間ほど下川町に滞在しながら最後まで見ていくことにしました。

下川町にはパンカフェが1つと、趣向が全く異なるカフェが2つあります。冷やしトマトうどん、ラザニア、有機栽培のりんごジュース、どのお店も美味しいものだらけです。

a0199145_5293191.jpg
旭川で焼き物をつくっている、陶芸家の工藤さんの家にお邪魔しました。写真は素焼きしたもので、これに釉薬をつけてもう一度焼くそうです。

長野を訪れた時に、偶然出会った音楽家の丸山さんから「会ってみるといいよ」と工藤さんを紹介していただき、泊めさせてもらいながらいろいろな話も聞くことが出来ました。今回は、様々な場面で人との不思議な縁を感じる旅でした。
[PR]
by nipponhike | 2011-11-21 05:19 | ■日記