ヒトリダチ

2011年 08月 29日 ( 3 )

2011年 8月29日(月) 晴れ

北海道旭川市神居1条21丁目88番地68号:ベッカライ麦々堂

今日は旭川まで南下して、市内で美味しいと有名なパン屋「ベッカライ麦々堂」に行ってきました。

a0199145_10101455.jpg
旭川駅から少し離れた住宅街の中に麦々堂はあります。いい雰囲気のお店の前には芝の庭があり、大きな木が一本立っています。

a0199145_10163022.jpg
飲み物は売っていませんが、入口前のカウンターのあるテラスでパンが食べられます。殆どの人は持ち帰るようですが、僕はここで戴きました。

a0199145_10102062.jpg
ライ麦を配合した生地に黒ごまが練りこまれ、表面にハチミツが塗られた「黒ごまハチミツ 260円」。ライ麦を配合した生地に甘納豆が入っている「アマナット 420円」。こしあんとモチモチ生地の「あんぱん 80円」。
ライ麦の優しい酸味とハチミツや甘納豆が合うのには驚きました。特に甘納豆は美味しかったです。海外から来たパンに、日本らしい素材が使えることがとても良いなと思いました。

a0199145_1010228.jpg
来月の営業カレンダーが載った、月刊のチラシがありました。裏にはパンの焼き上がり時間や、スタッフの紹介、ちょっとしたコラムが載っています。麦々堂のオーナーは、元グラフィックデザイナーだそうです。

住宅街に馴染んだパン屋は、みんなの暮らしの一部になっているようで良いなと思いました。山でやるか、都市でやるか、住宅街か、郊外か、どこでやるかもイメージしていきたいです。
[PR]
by nipponhike | 2011-08-29 10:14 | ■見学

2011年 8月28日(日) 晴れ ②

NPO法人 森の生活:エッセンシャルオイルづくり体験プログラム

北海道の森林のうち人工林は30%になります。その中の半分が「トドマツ」という針葉樹です。森の生活では、そのトドマツを使ったエッセンシャルオイルの開発に成功し、現在は伐採から抽出までの体験プログラムも実施されています。今日の午後からは、そのプログラムを見学させていただきました。

a0199145_5275624.jpg
こちらは下川町が所有しているトドマツの人工林。一見綺麗な森林ですが、左に比べて右側が暗いのが分かるでしょうか。右側は間伐が進んでおらず、地面に日の光が届きにくい状態にあります。こちらから伐採を行い、オイルの原料になる枝葉を取る作業をします。
間伐をした際に不要になる枝や葉を何かに活かせないかという考えから、オイルづくりに行き着いたそうです。

a0199145_5281571.jpg
レクチャーを受けながら、幹にノコギリを入れていきます。基本は谷川に倒すようですが、樹木どうしの枝の絡みや木の重心、切り倒す着地点などを考慮して、山側に倒すことになりました。木の伐採を見るのは初めてです。

a0199145_5283341.jpg
ある程度切り込みを入れたら皆で倒す方向に押します。バキバキッという幹の折れる音や、周りの枝葉に擦れる音と共に木が倒れました。すごいような嬉しいような悲しいような、複雑な思いでした。

a0199145_13515893.jpg
倒した木のてっぺんに行き、トドマツの枝葉を取って行きます。エッセンシャルオイルは、主に葉と細い枝、マツボックリから抽出出来るようです。てっぺん付近には立派なマツボックリが沢山ありました。

a0199145_5291085.jpg
収穫したトドマツの枝葉。これから抽出を行う工場に持って行き、作業準備をして今日は終了です。この原料に高温の水蒸気を当てることでマツのオイル成分を蒸気に吸着させて、それを冷やすことでオイルと蒸留水が出てきます。オイルはエッセンシャルオイル、蒸留水は化粧水として使うことが出来ます。商品名は「フプの森」。フプとはアイヌ語でトドマツのことです。
[PR]
by nipponhike | 2011-08-29 05:39 | ■見学

2011年 8月28日(日) 晴れ ①

「エゾカップ 2011」 最終日

今日がチェーンソーアート大会の最終日です。それぞれの作品がより完成度を増して、仕上げに入ります。

一本の丸太をどう活かすか、アート作品として、どのようなメッセージを込めるか。それをたった3日間、時間で言うと15時間ほどで完成させる皆さんの集中力はものすごいものでした。それだけに見ている人を魅了させる力を持っているのだと思います。

来客者には、木工や林業、農業関係の方も見えていて、北海道の森林や林業のこと、農業の今と昔の違いについてなど、お話を聞くことが出来ました。ほんの数日の滞在でしたが、移動しながらの見物よりも人との交流や発見が多いです。通り過ぎるのと留まるのでは見え方も変わってくるものだなと思った4日間でした。

今回のエゾカップの審査員に、NPOの「もりねっと」という、旭川で環境保全活動や情報発信をしている方が参加していて、少し話をすることが出来ました。そして、9月10日に行われる森ねっとのイベントに参加させて貰えることになったので、もうしばらく北海道を周ることになりそうです。

a0199145_5264130.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-08-29 05:04 | ■日記