ヒトリダチ

2011年 08月 21日 ( 2 )

2011年 8月21日(日) 晴れ

利尻山 日帰りハイキング

稚内を6:30発の利尻行きのフェリーに乗って、利尻山の日帰りハイキングに行ってきました。ここでも面白い出会いがありました。

フェリー乗り場で会った彼も利尻山に登ると言っていて、なんと百名山までを全てヒッチハイクで行っていると言うのです。既に41の山は登って、北海道では利尻が最後の山だそうです。ほんと、いろんな人が居ます。高校では陸上部だったこともあって、殆ど手ぶらで山を走って登る、いわゆるトレイルランニングのスタイルでした。

ヒッチハイクとスピードにこだわった百名山巡り。当然フェリーを降りてから登山口まではヒッチハイク。僕もそれに便乗させてもらいました。乗せてくれるものなんですね。

登山口に着くと彼は走って行きました。僕が4時間ほど掛かった道のりを、多分2時間半ほどで登頂して降りていってしまいました。

標高1721mの利尻山は利尻富士とも呼ばれ、富士山のような綺麗な山が海に浮かぶ様子から、島が利尻山そのものと言う人もいます。

今日は雲が掛かっていることが多い日で、頂上で遠くは見渡せませんでしたが、降りて行く時に中腹の雲が消えて稚内や礼文島が良く見えたのがとても嬉しかったです。雲の切れ間に見える景色や高山植物などを楽しみながらのハイキングでした。

a0199145_20342025.jpg
フェリーから見た利尻富士。山を覆う雲が迫力ありました。
[PR]
by nipponhike | 2011-08-21 20:33 | ■日記

2011年 8月20日(土) 雨 のち 晴れ

稚内まで来ました

昨日は美唄市から海沿いの留萌市に移動してから、東屋の下にテントで寝ました。今朝は突然の強い通り雨に会い、テントや荷物が濡れて大変でした。それでも、雨が止んでからはとても良く晴れてくれたので、稚内までの道のりは広大な北海道を満喫しながら走ることが出来て、いい一日になりました。

小さなバイクで移動しながら野宿の旅をしていますが、やっぱり雨や風は辛いです。大雨での移動はどうしても服まで濡れてしまうし、地図が濡れてしまうと5日は乾きません。景色も視界も悪く、そして寒い。自転車で旅をしている人たちは本当に凄いと思います。

一日の終わりには、なるべく雨風を凌げる屋根を探し、テントを張って、日記を書き、走ってきた道を地図になぞり、お小遣い帳を記録し、ご飯や洗濯、バイクの整備、などなど。自由な旅なりにやることも多く、そこに雨風が加わるとさあ大変。

人を訪ねることもあればパン屋などのお店に入ることもあるので、身なりにもある程度気を使っています。移動しながら毎日の生活をなるべくリセットさせるのは忙しいですが、荷物を出来るだけ少なくしただけ生活もシンプルになっているので、持ち物の選び方は良かったなと思っています。

時にはうなだれることもありますが、太陽の暖かさ、素晴らしい景色、ライダーやチャリダーとのピースサイン、素敵な人たちとの出逢い、それらが支えになり旅を続けることが出来ていると思います。

今日はウィンドファームの風車、広大な牧場、平野に伸びるまっすぐな道など。良い景色の連続で、何かに感謝したくなるような充実した一日になりました。おかげで明日からも頑張れそうです。

a0199145_853855.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-08-21 07:53 | ■日記