ヒトリダチ

2011年 08月 18日 ( 3 )

2011年 8月18日(木) くもり ③

北海道札幌市中央区南19条西14丁目2-7:
Boulangerie ange(ブーランジェリー・アンジュ)

福岡のベーカリーレストランやフランスで修行したのち、札幌で始めたパン屋。「ブーランジェリー・アンジュ」に行ってきました。

a0199145_2143834.jpg
住宅街の一画にある綺麗でかわいらしいお店。中に入ると分厚い一枚板のテーブルに数種類のパンが並べられていて、ギャラリーを思わせる雰囲気が良かったです。

a0199145_2143973.jpg
全粒粉が10%入ったプレーン・ミニ(100円)、くるみパンミニ(126円)・とバターロール シュクレ(105円)。全粒粉が入っていると香りが強くなって、食べ応えもあるようです。表面はバリバリで中はもっちりが美味しい。ほんのり甘いバターロールにはサクサクシュガーが乗っていて、とても贅沢。
[PR]
by nipponhike | 2011-08-18 21:05 | ■見学

2011年 8月18日(木) くもり ②

北海道札幌市中央区旭ケ丘2-3-25:
Moulin de la Galette (ムーラン・ド・ギャレット)

今日の始めに行った「ココペライ」で教えていただいたパン屋、「ムーラン・ド・ギャレット」に行ってきました。

a0199145_2021182.jpg
濃いグレーを基調とした建物で、入口に使われている木や積み上げられた薪がいい雰囲気を出しています。グリーンの「Moulin de la Galette」も色合わせが綺麗。落ち着きのある内装で、奥にはカフェスペースもありました。こちらのオーナーが、ベーカリークラブを立ち上げて道内のパン屋の繋がりをつくったそうです。今回は留守だったようなので、お話は聞けませんでした。

a0199145_2021201.jpg
ライ麦を70%使ったパン(230円)と、チョコチップとマカダミアのパン(170円)。ライ麦パンはカットした時の厚みの違いだけでも、食べた時の印象が変わるかもしれないと思いました。そしてやっぱりハムやチーズが欲しくなります。チョコチップとマカダミアの入ったパンはもちもちのパンに包まれて美味しかったです。
[PR]
by nipponhike | 2011-08-18 20:17 | ■見学

2011年 8月18日(木) くもり ①

北海道札幌市中央区北7条西18丁目4-10:Kokopelli(ココペライ)

靴のソールが剥がれてきました。修理が出来るうちに履き替えるため、また札幌に来ました。雨風を凌ぎながら3ヶ月の連続使用で消耗が早まってしまったようです。この靴のおかげで、足は殆んど濡れたことがありませんでした。ありがとう。

札幌にも本で紹介されているパン屋が幾つかあったので、行ってきました。まずは感動的なクロワッサンに出逢えたココペライです。

a0199145_1942188.jpg
大阪ヒルトンでベーカリーの担当をしていた人が独立して開いたパン屋。レジをしてくれた奥さんは明るくて親しみやすく、北海道での暮らしについてや、ここでパン屋をやっていくことの難しさ、北海道内のパン屋が集まった「ベーカリークラブ」では、定期的に勉強会などを行っていることなど、いろいろ教えてくれました。北海道はお米の文化が根強く、パンを食事に用いる考えの人が少ないようです。米が根強いのはいいことだと思うので、複雑な気持ちです。

a0199145_19422038.jpg
1番人気のある140円のクロワッサンを食べて、驚きました。クロワッサンはフニャフニャでパサパサなものと思っていましたが、こちらのはサクサクでしっとり、そしてほのかな甘み。今までのイメージが一新され、クロワッサンが好きになりました。また戻って買いに行ったほどで、僕もこんな人を感動させるようなパンがつくりたいと思いました。
[PR]
by nipponhike | 2011-08-18 18:46 | ■見学