ヒトリダチ

2011年 08月 17日 ( 3 )

2011年 8月17日(火) くもり のち 晴れ

再び苫小牧へ

ここ2、3日は天気が悪く、帯広から富良野へ行った時は大雨で大変でした。富良野は広大なラベンダー園、ヒマワリ園、おいしいメロンなどが有名ですが、富良野にはまた晴れた時に来るということで通過して、再び苫小牧へ向かいました。

苫小牧の新鮮な魚介類や農作物が揃っている卸売市場には、「マルトマ食堂」という海鮮食堂があります。ここは先輩おすすめMAPで一押しの場所でもあり、苫小牧では有名な「ホッキ丼」をいただくためにやってきました。

a0199145_21211522.jpg
ホッキとは貝のことで、程よい歯応え・食感がとても美味しいです。ホッキ丼の他には「ホッキカレー」や「まぜそば」「生ホッキ丼」など種類も多くて迷います。僕は結局、わさび醤油が美味しい「生ホッキ丼」をいただきました。
[PR]
by nipponhike | 2011-08-17 21:20 | ■日記

2011年 8月15日(月) 晴れ のち 雨 ②

北海道帯広市東1条南5丁目19:十勝ベーグル 本店

帯広駅の近くに、種類が豊富で人気のあるベーグル屋さんがあるということで行ってきました。こちらもパン屋さん紹介の本に載っていたお店です。

a0199145_135813.jpg
瓦屋根と木枠のガラス戸が懐かしい雰囲気を出している建物。こちらが本店で、もうひとつの店舗は札幌にあるそうです。

a0199145_135109.jpg
十勝ベーグルの特徴は、殆んど十勝産の素材を使用していることと、「白樺樹液」を使うことで、しっとりもっちりとしたベーグルに仕上げていることです。店内にはいろんな種類のベーグルが並んでいて、選ぶのにとても迷いました。

「天然酵母」「ライ麦パン」「ドイツパン」「米粉パン」「ベーグル」。。最近よく耳にするようになってきていますが、ただ美味しいからというだけではなく、自分のライフスタイルを少し豊かにしてくれるような、良い時間を提供してくれるような、、これらには人を惹きつける何かがあるように感じます。
[PR]
by nipponhike | 2011-08-17 01:36 | ■見学

2011年 8月15日(月) 晴れ のち 雨 ①

北海道河西郡芽室町東芽室南2線50-1:めむろ窯

コープや地元野菜直売所の敷地内にあるレンガ造りの煙突がかわいらしいパン屋「めむろ窯」に行ってきました。

a0199145_243882.jpg
銀色の風車とレンガの煙突が特徴的な建物。ここの窯では廃材や間伐材のペレット燃料を使ってパンを焼いているそうです。
隣には、ここ芽室で育てられた野菜が集まる直売所の「愛彩屋」があります。愛彩屋には生でも食べられるトウモロコシや初物のジャガイモ、トマト、ニンジンなど、とれたての野菜が並んでいます。

a0199145_039389.jpg
きな粉あげパン、スイートポテト、こしあんたっぷり山型あんぱん、くるみパンを買いました。その他に隣の愛彩屋の野菜を使ったピザ、芽室産の白あんを使ったパンなど、なるべく地産地消にこだわったパンづくりを心掛けているようです。
[PR]
by nipponhike | 2011-08-17 00:38 | ■見学