ヒトリダチ

2011年 08月 08日 ( 4 )

2011年 8月8日(月) 晴れ

北海道に上陸しました

花火が終わり、キャンプ場に帰るとそのままテントなどの撤収をして、深夜2:40発のフェリーに乗り込み、朝6:20に函館港に到着しました。フェリーには、札幌に帰る人や、これから北海道を一周する人など15人以上のライダーたちが集まりました。

函館駅周辺の散歩や路面電車での移動、北海道の情報誌を買うなどしてから、今日は50kmほど北上。途中の大沼公園では昼寝をするなど、ゆったりとした一日になりました。

a0199145_23375938.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-08-08 23:37 | ■日記

2011年 8月7日(日) 晴れ

ねぶた祭り。最終日

今日はねぶた祭りの最終日。ねぶたは2~7日の期間でそれぞれのグループに得点が付いていきます。そして選ばれたねぶたは夜の花火会場の港に浮かべられ、最後を締めくくります。

他のねぶたも港に展示されます。その前に敷かれたグラウンドシートでは、各グループが達成感のような名残惜しいような雰囲気で、しんみりお酒を飲んでいる姿も良かったです。

たくさんの屋台と花火とねぶた。一箇所に多くの人たちと長く留まったのは初めてでしたが、新しい友達も出来て、祭も存分に楽しんだ5日間はとても良い思い出になりました。

a0199145_2392735.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-08-08 23:07 | ■日記

2011年 8月6日(土) 晴れ ②

ねぶた祭り。「はねと」に参加

ねぶた祭りの大きな特徴は、一般の人が祭りに参加出来るというところです。長く滞在した祭の最後の夜は、自転車の人と一緒に「跳ねる」ことにしました。

祭り限定のキャンプ場に来る人たちは、「はねと」で跳ねるために全国から来ています。はねとの衣装を着たままバイクに跨り、100台以上の列になって会場まで行くイベントは毎年の恒例で、今日は2人もそのパレードに参加。途中のベイブリッジでは、先回りした自転車集団が自分の自転車を持ち上げながら見送りをしてくれます。こんな一体感は普段なかなか体験出来ません。

祭では「ラッセーラー!」と叫びながら跳ね踊り、会場を活気付けます。浴衣のような衣装に幾つもの鈴を付け集団で跳ねると、鈴の音、叫び、太鼓の音がひとつになってそれはもう大盛り上がり。キャンプ場に帰れば仲間で夜中まで大騒ぎ。これが旅人たちのねぶたです。

a0199145_10284115.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-08-08 10:28 | ■日記

2011年 8月6日(土) 晴れ ①

青森県青森市柳川2丁目4番37号:青森市森林博物館

青森県の森林や林業に関する資料や、「青森ヒバ」についての展示がされている「青森市森林博物館」に行ってきました。

a0199145_9394423.jpg
明治41年に建てられた青森営林局庁舎を修復して、青森の森林や林業について一般の人に伝えていく博物館です。敷地には多様な樹木が育てられ、この建物自体も魅力的なものでした。

a0199145_9394714.jpg
青森県では「ヒバ」と呼ばれる木が有名です。虫や湿気に強く、ヒノキのような良い香りがする針葉樹林です。
全国の90%ほどが青森に分布しているヒバは、適度な弾性と強度があることから家具や建築材に利用されたり、最近では湿気取りや芳香に使う商品もつくられています。

a0199145_9395138.jpg
森林の植生や分布について、模型とパネルで説明されています。青森の森林を調査した結果、48種類の植生パターンがあることが分かったそうです。

a0199145_9395689.jpg
林業が盛んだったころの森林鉄道の位置を示す地図。鉄道の線路(赤ライン)が、大きな山の中腹までつくられていることが分かります。
[PR]
by nipponhike | 2011-08-08 09:39 | ■見学