ヒトリダチ

2011年 08月 04日 ( 3 )

2011年 8月4日(木) 晴れ

五所川原市「立佞武多(たちねぷた)」

青森県ではねぶた祭りの他に、同じ時期にいろんな地域でお祭りが行われているようです。そのひとつが青森市の西側にある五所川原市の「立佞武多」。こちらは「ねぶた」ではなく「ねぷた」です。

立佞武多のことは八甲田山ハイクで会ったおじさんに教えてもらい、調べてみると今日が初日ということなので行って来ました。青森市から五所川原市は、バイクで1時間ほどの距離です。

高さ22mもの大きなねぷたや踊りの行列が、商店街など片側1車線の細い道をねり歩く姿は圧巻です。道が細い分、目の前で「ヤッテマーレ!」の掛け声や大きな太鼓の鼓動、息の合った踊りが観られるので、祭りと観客の一体感も強く感じることが出来ます。

a0199145_1575026.jpg
立佞武多の高さ、大きさには驚かされます。今日もまた、いいものを観ることが出来ました。
[PR]
by nipponhike | 2011-08-04 23:37 | ■日記

2011年 8月3日(水) 晴れ のち くもり ②

青森市「ねぶた祭り」

青森市では毎年8月2日~7日まで、あの有名な「ねぶた祭り」が行われます。沖縄のゲストハウスで勧められたおかげで、今までテレビや写真でしか知らなかったねぶたを観ることが出来ました。

夜の19時、規制された国道を大きなねぶたが太鼓や鈴の音に合わせて動き出します。ねぶたの前後には大太鼓を叩く人たち、「はねと」と呼ばれる人たちが衣装を着て「ラッセーラー!」という掛け声で跳ね踊り、綺麗に光るねぶたを盛り上げています。歩道は観客でいっぱいで、こんな大きなお祭りを観るのは初めてです。

最終日の7日には、数台のねぶたが海に浮かび、そこで花火が打ち上げられるという締めくくり。それを観たら北海道に向かいます。

a0199145_21191348.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-08-04 14:39 | ■日記

2011年 8月3日(水) 晴れ のち くもり ①

八甲田山 日帰りハイク

不安定な天気が続く中、午前中は晴れて午後は雨が降りそうな一日でしたが、タイミング良く八甲田山に登ることが出来ました。

八甲田山は日本百名山のひとつで、火山活動により出来た山々の総称です。代表的な「大岳(おおたけ)」は標高1584m。
気持ちの良いブナの群生林、高山植物の平原を歩く木道、硫黄の匂いが漂う荒々しい谷。山頂までのなだらかな道を登りきると、雲の流れが早く、常に移り変わる景色はとても綺麗でした。

7時30分から13時までの半日の行程。酸ヶ湯温泉(すかゆおんせん)から一周して戻ってくるルートは、景色の変化に富んだハイキングを楽しめました。雲が多かったけれど、晴れて良かったです。

a0199145_13575095.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-08-04 13:57 | ■日記