ヒトリダチ

2011年 06月 27日 ( 1 )

2011年 6月26日(日) くもり ときどき 雨

沖縄県中頭群読谷村座喜味2653-1:やちむんの里

焼き物やガラスの工房が集まって出来た集落「やちむんの里」に行ってきました。焼き物のことを「やちむん」と言うそうです。ここは沖縄に来たらまた寄りたい場所です。情報ありがとうございました。

a0199145_511344.jpg
焼き物・ガラス工房やギャラリー、共同の窯などが集まって一つの集落のようになっています。毎年12月にはたくさんの品物が並ぶ「陶器市」が行われるそうです。

a0199145_5121281.jpg
沖縄独特の瓦で出来た家のような大きい窯で焼き物がつくられるようです。ここには沖縄でよく見かける赤い屋根の建物が多いです。

a0199145_5132785.jpg
琉球ガラスで数々の受賞をしている「稲嶺 盛吉・盛一郎」さんの「琉球稲嶺泡ガラス 虹」。琉球ガラスは空き瓶などを再利用してつくったのが初まりで、ここでは今でもガラスの再利用にこだわってつくられています。

a0199145_5134658.jpg
沖縄陶芸界で有名な「大嶺 實清 おおみね じっせい」さんのギャラリー。ここにある焼き物には衝撃を受けました。素手でそのままつくったような無骨なものや、丁寧で精度の高いもの。どっしりした重量感と繊細な表情に、とても綺麗な色が着いていて素晴らしかったです。ここまで焼き物に魅入ったのは初めてでした。
ちょうど實清さんがいらしたので、焼き物のことや世の中とものづくりのことなど、 いろいろなお話を聞くことが出来ました。
ギャラリーにあった綺麗な青のシーサーも新鮮でした。
[PR]
by nipponhike | 2011-06-27 20:39 | ■見学