ヒトリダチ

2011年 06月 07日 ( 3 )

2011年 6月7日(火) 雨

今日は買い出しと少しの移動

一日中ずっと雨だったけど、高知市内でいろいろ準備をするだけだったので良かったです。

実は昨日の千本山からの帰り道、バイクで転びました。。レインパンツに穴が空いたのと、ズボンが擦れたくらいで済んだので、助かりました。バイクも問題無かったです◎

路面の砂に気付かずにカーブに進入してしまったみたいで、普段なら避けてるんですけど、この時は注意不足でした。

ということで、ホームセンターでガムテープを買ったり新しいズボンを買ったりと、買い出しと補修をする一日でした。

明日は、いい天気を願って四万十川へ。

a0199145_346472.jpg
昨日の朝の光景。
手前が自転車日本一周をしてる人で、奥がお遍路をしている人のテント。
[PR]
by nipponhike | 2011-06-07 20:42 | ■日記

2011年 6月6日(月) 晴れ ②

魚梁瀬杉の保護林

馬路村から更に奥に進んでいくと、千本山という山があります。そこには魚梁瀬杉の保護林があるということで、ハイキングがてら行ってきました。

a0199145_1513863.jpg
前半は木道がありました。クマ鈴を鳴らしながら、蜘蛛の巣に引っかかりながら、1時間ほどの登りです。

a0199145_15131440.jpg
樹齢300年を超える杉の森林が、人の手が加えられていない状態で残っている貴重な場所です。下にはちゃんと低い木が生えていました。これが本来の自然の状態なんでしょうね。この森林では保護する場所と、木を育てて使う場所を分けて管理されているようです。

a0199145_15131939.jpg
頂上までは行かずに、保護林が見れるポイントまで登ったら、おにぎりなどを食べてゆっくりしてから帰りました。
[PR]
by nipponhike | 2011-06-07 15:17 | ■見学

2011年 6月6日(月) 晴れ ①

高知県安芸郡馬路村:馬路村(うまじむら)に行ってきました

村の96%が山林で、人口1200人。山と川と柚子しかないけれど、いまその山と柚子で成功している村、馬路村に来ました。

a0199145_12502478.jpg
村の入口にある案内板。各所にある案内や説明は、この愛嬌ある雰囲気で統一されています。

a0199145_12502748.jpg
これは「森林鉄道」といって、村の山にある魚梁瀬杉(やなせすぎ)を海のほうまで運んでいた鉄道(ディーゼル車)の跡です。はじめは犬そりだったとか。昔はそれだけ林業が盛んで、村の収入源になっていたんですね。

a0199145_12502921.jpg
木製のガードレール。進行方向に対して、ちゃんと端がカットされているのがわかります。

a0199145_12503072.jpg
村で採れた柚子を加工してさまざまな製品にしている工場。見学が出来たので、見てまわりました。最後には柚子のジュースもくれました。

a0199145_12503155.jpg
これが馬路村の名物「ごっくん」。「村」のイメージを上手く取り入れた商品と、飾りすぎずに観光地としてまとめた村づくりは、この村の良いところを活かした結果だなと思いました。たぶん優秀で情熱のある人が先導しているのではないでしょうか。
[PR]
by nipponhike | 2011-06-07 12:06 | ■見学