ヒトリダチ

2011年 05月 18日 ( 2 )

2011年 5月18日(水) 晴れ ②

三重県伊勢市:伊勢神宮

フェリーの鳥羽港から30分くらい。伊勢神宮には、木曽ひのきや東濃ひのきが使われている歴史があるということで、建築物を見て来ました。

伊勢神宮は、20年毎に建物を新しく建て直して神様を祈る「式年遷宮(しきねんせんぐう)」という歴史があり、それを1300年も続けてきたそうです。神様を祈る理由のほかに、宮大工の技術伝承をするためという、興味深い話もありました。

20年に一度の建て替えで、かなりの木材を使うため、伊勢周辺の森林で間に合わなくなったところ、木曽や東濃ひのきを使ったという話もあります。このしきたりは大丈夫なんでしょうか?間伐とのバランスが気になります。

a0199145_20421514.jpg


a0199145_2042386.jpg


a0199145_20431251.jpg
歩くとひのきの香りがします◎沢山の人が歩く橋なのに、材と材のズレや隙間が全く無くて綺麗でした。日頃の手入れなのか職人の腕なのか分かりませんが、すごいと思いました。

a0199145_20435489.jpg
神宮内の木がとても立派でした。樹齢300年以上がいっぱい。
[PR]
by nipponhike | 2011-05-18 20:07 | ■見学

2011年 5月18日(水) 晴れ ①

伊勢湾フェリーで三重県へ

伊良湖岬からフェリーで三重県鳥羽市へ行きます。

今日は伊勢神宮の建物を見てから、熊野古道へ向かう途中でどこかで寝る予定。

a0199145_13192327.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-05-18 13:12 | ■日記