ヒトリダチ

2015年 5月31日(日) 晴れ

外壁の計測

外壁の見積もりをざっくりと出すため、ざっくりと長さを計りました。
a0199145_11463208.jpg
高所作業の道具として、安全帯というものがあります。
しっかりしたナイロン製の腰ベルトに、フック付きの紐が取り付けられていて、万が一落ちても宙づりになって助かるというものです。いわゆる命綱です。

まだ危険な箇所ではないのですが、一応それを使いながら屋根の端を移動し、計測していきます。
a0199145_11441321.jpg
屋根の上から、重りをつけたメジャーの先を地面へ下ろしていきます。
2階建の高さは約10メートル。写真は下の玄関の屋根までなのですが、地面までは結構な迫力でした。安全帯は気持ちの面からも付けておいたほうが良さそうです。
a0199145_11484088.jpg
ぼくはこの屋根からの景色が好きです。冬には一面真っ白な景色が見渡せます。

計測は問題なく終わりました。そして、高さ・横幅・窓枠を計り、壁の総面積から窓枠面積を引いて、実際に材料を使う平米を出しました。
ざっくり面積が出たところで、外壁を扱う業者に問い合わせました。
問い合わせた外壁は「ガルバリウム鋼板」という、いわゆるトタンよりも耐久性があるものです。

が、、

「板金や建築業者への販売が主で、基本的に一般の方には販売しておりません。設置の技術なども含め、お近くの業者に問い合わせてみてはどうでしょうか。」と、

こんな返答が帰ってきてしまいました。。。
そうですよね。確かによく分からない個人の素人が、建築資材を売ってというのはレアケースだったのかもしれませんね。
ちょっと困りましたが、このくらいではへこたれません。次の作戦を考えます。

ということで、また内装の続きに取り掛かります。


[PR]
by nipponhike | 2015-05-31 11:51 | ■お店 改装作業