ヒトリダチ

2011年 9月24日(土) 雨 のち 晴れ ③

秋田県北秋田市阿仁打当字仙北渡道上67:マタギ資料館

おばあちゃんに、次の目的地までの近道を教えてもらい、マタギの里と呼ばれる阿仁町の「マタギ資料館」を見学しました。

a0199145_1023172.jpg
動物や自然との共存について考えた時、「マタギ」の生活はとても大切な事を教えてくれると思い、多くのマタギが暮らしていたといわれる阿仁町を訪れました。
温泉施設「マタギの湯」に隣接する「マタギ資料館」には、マタギの自然に対する考え方や具体的な狩猟方法を通して、自然と共存していく精神を伝えるような展示がされていました。

a0199145_1062365.jpg
これは阿仁マタギの秘伝書「山立根本之巻(やまだちこんぽんのまき)」というマタギの許可証のようなものです。これをシカリ(リーダー)が持っていることで、藩境越えて全国で自由に狩猟することを許されたといいます。

マタギが猟をする際、様々な作法の中でこの秘伝書に祈りを捧げるなどにも使われ、精神的な支えでもあったようです。地域やマタギによって、幾つかの秘伝書があります。

a0199145_1062871.jpg
マタギは、春・夏・秋は山菜やキノコを採り、冬になると集団狩猟でクマを始めとした動物を捉え、生活の糧にしていました。木の葉が無く景色が白い冬はクマが見つけやすく、冬眠で鈍くなっているため、危険を最小限に出来たからというのと、必要以上に獲らないことで数を調整していたのではないでしょうか。

a0199145_1063245.jpg
山に入ることを山立(やまだち)といいます。山立の際にも縁起の良い日、悪い日があったり、前日から身を清める作法があったり、山立では「マタギことば」を使い、里でのことばを禁じているなど、様々な決まりごとがあります。ちなみにクマは「イタズ」と呼びます。
その他にも、山の神の怒りに触れないように、オコゼという醜い魚の干し物を携帯したりなど、作法の多さに驚きました。

シカリの命令は絶対服従で、一組3人~10人で狩猟を行います。クマを捕えた時にも儀式を行い、クマの頭を北に向けて塩をふって清めるなど、山や自然に対しての信仰 の深さに厳粛な思いになります。

生きることに対して全身全霊なマタギの姿勢はとても感慨深く、自然の恵みを受けることの重みを考えさせられます。
[PR]
by nipponhike | 2011-09-25 10:08 | ■見学