ヒトリダチ

2011年 9月24日(土) 雨 のち 晴れ

秋田県山本郡二ツ井町田代:秋田天然杉保護林

秋田県の北部、白神山地の少し南にある内陸部に、秋田杉の天然保護林があるということで行ってきました。ここには「日本一の天然杉」といわれる立派な杉が立っています。

森林の入口に駐車場があり、ゆっくり写真を撮りながらでも40分ほどで周れる道のりなので、誰でも気軽に美しい天然林を楽しむことが出来ます。僕はクマ鈴と、一応クマスプレーを持って歩きました。

a0199145_22315793.jpg
入口から木道が設置され、その横を透き通った小さな川が流れています。道の周りには低い植物が生い茂っていて綺麗です。

a0199145_22322843.jpg
直径が1mを超える杉が平然と立っています。奥に見えるのは標準的な東屋ですが、杉の大きさが伝わるでしょうか。日の光が地面に届き、充分なスペースがあるため、周りにはちゃんと広葉樹も生える環境になっています。

a0199145_2232401.jpg
これが日本一高い天然杉です。高さ58mで、15階建てビルに相当。最大直径は164cm。樹齢は300年くらいと推定されています。こんなに真上を向いたのは久々でした。

a0199145_22324883.jpg
道の途中には早くも木の実が落ちていました。森を健康な状態に保てば、自然と循環するのだなと思いました。

森がいい土をつくり、美味しい水をつくり、そこに生きるものに与えることで、木は実をつくり、動物は森を耕す。そして山の水は川から海へ。人はその恩恵を受けて生きています。こういう場所に来ると、人は自然に生かされているんだなと、改めて強く感じてしまいます。来て良かった。
[PR]
by nipponhike | 2011-09-24 22:30 | ■見学