ヒトリダチ

2011年 9月23日(金) 晴れ のち 雨 ①

霊場恐山

わいどの木の社長とお別れの挨拶をして、先輩おすすめの「恐山」に向かいます。恐山は日本三大霊場のひとつ、「イタコの口寄せ」でも有名な場所です。

恐山に向かう途中には、始めはヒバの群生林があり、峠道を登って行くとブナの群生を見ながらの道のりを楽しめます。標高が上がると13℃くらいになり、本州も寒くなってきたようです。

ほとんど知識も無いまま訪れた恐山ですが、それでも充分にここの特別な世界観を感じる事が出来ました。
変色した岩肌が露出し、そこから硫黄の匂いと共に火山ガスが立ち込める一帯を地獄とし、水が透き通った白い砂浜の一帯を極楽となぞらえたこの場所は、今まで見た事のない光景でした。

宗教的な世界が現実の目の前に拡がっている、霊場恐山。こんな特別な場所は他に無いのではと思います。

a0199145_571047.jpg
ここには硫黄の天然温泉もありましたが、雨が降りそうだったこともあって入りませんでした。山に囲まれたこの一帯は、そろそろ訪れる秋の紅葉も見事なのではないでしょうか。
[PR]
by nipponhike | 2011-09-24 05:05 | ■日記