ヒトリダチ

2011年 9月17日(土) 雨 のち くもり

「池田千鶴子 ハープコンサート」

朝、富良野を出発して旭川の陶芸家の工藤さんの家に向かいました。今日は音威子府(おといねっぷ)という村で行われる「ハープコンサート」に連れて行ってもらえる日です。演奏者は「池田千鶴子(ちづこ)」さんという、京都を活動拠点にしている方です。

池田さんと工藤さんは20年ほどの付き合いで、今回は音威子府村の役場の人と工藤さんの企画で演奏会を行うことになったそうです。

音威子府村は人口850人ほどの村ですが、ここには「美術工芸高校」という、芸術家や家具職人を目指す若者が集まり勉強できる、道内唯一の工芸科高校があります。そして、クロスカントリースキーで強い選手を育てているのでも有名だそうです。アイヌの彫刻家「BIKKY」さんのミュージアムもあります。北海道に滞在していると、魅力的な村や町がたくさんあることに驚かされます。

ハープというものを見るのも聴くのも初めてでしたが、音色が優しかったり悲しかったり、とても柔らかい気持ちになれました。ハープの余韻を楽しんでくださいと言っていましたが、それも何となくわかった気がします。ハープは僕よりも大きく、メープルとアカマツで出来ていて、細かい手彫りの彫刻などが施されています。値段を聞いたら400万円と教えてくれました。

池田さんは元気な人で、北アルプスの縦走などの登山経験があり、4輪のレースも好きで、鈴鹿サーキットによく行くそうです。

すごいことに、北アルプスの山の頂上でハープコンサートをやったことがあったり、オンネトー湖の水の上で演奏したりなど、いろんなことにチャレンジしている面白いハープ演奏者でした。

a0199145_1202044.jpg
準備中の光景。ギターのように音合わせをしていました。
[PR]
by nipponhike | 2011-09-19 12:02 | ■日記