ヒトリダチ

2011年 9月4日(日) 晴れ ときどき 雨

知床国立公園 羅臼ビジターセンター

いろいろあって、今日の夕方に自然センターの人に会うことになったので、それまでに岩尾別という無料の露天風呂に入ったり、羅臼自然ビジターセンターに行ったりと、知床の散策をしました。

a0199145_8465088.jpg
今日のお昼頃、残りの時間をどうしようかと思っていた時に、先輩から「羅臼のビジターセンターに面白い絵本があった」というメールをタイミング良くいただき、さっそく行くことにしました。

a0199145_8465769.jpg
世界遺産センターとはまた少し違った展示や説明パネルで、知床で生きてきた人たちの歴史や、ここに棲む動物の具体的な食物連鎖について、映像による知床の四季や流氷と生物の密接な関係の説明など、知床についてより知ることが出来ました。この地域は、自然と人が共存していくためのお手本になりそうな環境だなと思います。

a0199145_847097.jpg
知床に関する本や、ヒグマを研究・保護してきた人の本、ここに棲む動物を題材にした絵本など、気になる本がたくさんありました。残念ながら、先輩から勧められた絵本はありませんでした。「絵描きになるために、リヤカーひいて旅をして羅臼にたどり着いた、本人が自分の事を絵本にしたもの」。かなり気になります。この絵本は改めて探すことにします。

a0199145_847341.jpg
羅臼からウトロへ戻る際、また雨風に打たれながらの帰り道でしたが、もうすぐウトロという時のカーブを曲がって目の前に現れた大きな虹。良く見ると2つもあるのです。天気も変わりやすく、厳しい環境の知床ですが、その分美しい光景も多いです。
[PR]
by nipponhike | 2011-09-05 08:46 | ■見学