ヒトリダチ

2011年 8月24日(水) くもり のち 晴れ ①

北海道上川郡東神楽町南1番通24番地:匠工芸

旭川は家具や工芸が盛んで、高い技術を持つ職人さんが大勢集まっています。その中のひとつの「匠工芸」という家具メーカーにお邪魔しました。

a0199145_810587.jpg
旭川駅から東へ40分ほど、街から離れて畑や田んぼに囲まれた景色の綺麗なところに工房とショールームがあります。旭川は北海道の開拓の際に、木工職人が集まったことから家具などの木工が盛んになったと言われています。北海道には、家具づくりに適しているブナやナラなどの材料が豊富にあったことも大きいです。

a0199145_81015100.jpg
匠工芸は、基本はオーダーメイドの家具メーカーなのですが、品質や使い心地を見てもらうためにショールームをつくっています。隣にある工房も見学することが出来ます。

座った瞬間から体に馴染み、座り心地というより居心地の良いイスは、それだけで最高の居場所をつくりだすことが出来るんだなと思うほど心地の良いものばかりでした。

a0199145_8101914.jpg
匠工芸からすぐのところにある農道。遠くで雲に隠れているのが、北海道で一番高い旭岳。とても良い環境でした。

こちらでデザインを担当している常務の方に、偶然お話を伺うことが出来ました。座り心地の良いイスは、素材や座面よりも腰をどう支えるかが大切なこと。家具づくりはもともと横浜や神戸などの港町が盛んだったこと。品質の良い道産材は海外への輸出の影響などで少なくなってしまい、現在改めて木を育てているという現状など、お話をしてくれました。

そして、以前僕が見学に行った岐阜の森林アカデミーという学校で説明を受けた先生と知り合いということもわかり、旅の繋がりの面白さも感じました。
[PR]
by nipponhike | 2011-08-25 07:54 | ■見学