ヒトリダチ

2011年 6月14日(火) くもり ①

鹿児島県南九州市知覧町郡17881番地:知覧特攻平和会館

海軍の神風特攻隊は東の半島にある鹿屋(かのや)の航空基地から飛び立ちましたが、陸軍の特攻隊は西の半島にある知覧(ちらん)航空基地から飛び立ちました。今日は知覧にある「知覧特攻平和会館」に行ってきました。

日本の軍隊には空軍というものがなく、海軍と陸軍にそれぞれ航空部隊があったということを初めて知りました。

そして、太平洋戦争では沖縄にいる米軍の戦艦に突撃する為に、鹿屋基地と知覧基地から2000人以上の若い兵士が飛び立っていったということです。最年少は17歳だそうです。

今まで戦争について殆ど知識が無かったのですが、今回鹿屋と知覧に来てみて、特攻についてと太平洋戦争についての全体像を知ることが出来ました。

普段から世の中の出来事や歴史などに疎い僕が、知識や興味を得るには直接現地へ行くことが一番いい方法みたいです。

a0199145_17441612.jpg
知覧に訪れた兵士が、特攻隊として飛び立つ数日前から過ごす場所だそうです。杉林の中に半地下に建てて、屋根の上には杉の幼木をかぶせていたそうです。
[PR]
by nipponhike | 2011-06-14 17:05 | ■日記