ヒトリダチ

2011年 5月19日(木) 晴れ ③

和歌山県太地町(たいじちょう):捕鯨発祥の地

日も暮れ始める頃、捕鯨や鯨・イルカを食べる習慣があった300年の歴史をもつ町の太地町に来ました。こちらも先輩おすすめMAP。

当時は800人ほどの人たちが捕鯨に携わっていたそうで、見張り台から鯨を捜す人、槍で捕る人、船の舵を切る人、肉をさばく人、脂を取る人などさまざまな役割があったそうです。

そして昔、捕鯨での役割がその人の名前となり、今もその名前の人が住んでいるそうです(僕が確認出来たのは、「漁野さん」と「遠見」さん)。これは展望台で偶然会ったおじいさんが教えてくれました。

あと、ここの夕暮に見た海と山の景色がとてもきれいでした。

a0199145_821997.jpg

[PR]
by nipponhike | 2011-05-19 22:39 | ■日記