ヒトリダチ

2011年 5月13日(金) 晴れ ③

岐阜県美濃市曽代88番地:岐阜県立森林文化アカデミー

森林文化アカデミーは、木工に限らず林業や建築、地域の人たちと木や森林について学んでいく「木育」など、木を伐る人・木でつくる人・木を使う人、自然と人との新しい関わり方を探り、持続可能な循環型社会をつくっていく人材育成を目的とした学校です。

地下資源の大量消費に支えられた持続不能な今の社会を、循環型の社会に移行させるひとつの方法が、日本の隠れた財産である森林を再生させることです。ガソリンもあと50年と言われている現在、森林も含めた新しい考え方が必要だと思います。

ここでお話を伺った先生や職員の方々はとても情熱があり、人材育成をひとつの使命として取り組んでいるのが伝わってきました。

a0199145_0193719.jpg
岐阜県の間伐材を利用した建物。間伐の多い直径25㎝くらいの杉材が積極的に使われている。

a0199145_0193782.jpg
太い柱は使わず、細い材を格子状に組むことで、建物全体をひとつの構造体にして強度を出している。

a0199145_0193954.jpg
建築学科に入った1年生は、自分たちで考えた建物を学校内に建てるという授業がある。学校が学生によりつくられていくなんておもしろい。

a0199145_0194083.jpg
アカデミー近くのこの道の駅は、学生や先生が関わり間伐材を利用した建物になっている。

a0199145_0194079.jpg
道の駅内の食堂。椅子・テーブルは、不揃いの間伐材を上手く利用したデザインにしたそうです。
[PR]
by nipponhike | 2011-05-15 23:17 | ■見学