ヒトリダチ

2011年 5月12日(木) 雨 ③

岐阜県高山市清見町牧ヶ洞846:オークビレッジ 森の博物館

オークビレッジのショールームには、「森の博物館」という展示スペースもありました。

a0199145_2330478.jpg
日本の代表的な木が、実際どんな製品に使われていているかが説明されていました。

a0199145_23305069.jpg
組木の実物がありました。組木は一度見てみたかったからすごく嬉しかった。ひとりで遠慮なく外したり組んだり遊んでしまった。組木すごい。

a0199145_23305245.jpg
オークビレッジとミズノは、「バットの森づくり」という活動を行っています。地元の野球少年たちとバットの木であるアオダモを植えることで、未来のバットの材料と子どもたちの興味ある分野から森や木を知ってもらおうという試み。
バットとしては直径25センチ必要だそうです。でもアオダモは10年で1センチ。。。大事に使わないと。
オークビレッジでは、折れたバットでもキーホルダーやストラップにして、そのお金の一部をバットの森に寄付してるらしい。木への強い愛情を感じます。
[PR]
by nipponhike | 2011-05-12 23:04 | ■見学